閉じる

プロレス・格闘技BBS
プロレス・格闘技に関する話を熱く語り合いましょう。
 

[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.763 2005/06/29(水) 21:53:24
スーパーpsy野神  
緊急告知  
もともと、それほど”客入り”の多いBBSではありませんでしたが、”ブログ”を立ち上げて以降、ますます”客入り”が乏しくなり、また”書き込み”も滞ってしまい、事実上”廃墟”に近い状態になってしまいました(汗)

よって、誠に勝手ながら、2年弱続けたこちらのHP「娯楽談話室」を閉鎖する事に決定いたしました! 今後はブログの方の「コラム・de・ブログ」に専念したいと思います。正直”時間的”にも”肉体的”にも中々”書き込み”の時間が取れないし、2つのサイトを共有するのにも”限界”がきてしまいました。

短い間でしたが、どうもありがとうございました(涙)

今後は、こちらのサイトを宜しくお願いします!

コラム・de・ブログ:http://yajin.blog9.fc2.com/
 

 
No.765 2005/06/30(木) 00:05:06
スーパーpsy野神  
Re*2:緊急告知  
マグナム氏どうも。いろいろ考えたんですけど、ただでさえ”客入り”の少ないサイト上に”ブログ”を立ち上げた事で、更にそれに”拍車”がかかった事と、正直”ブログ”の方が”機能的”にも全然優れてるし、”客”の反応もいいです。であれば、いっそうの事”統合”した方がいいかな?と思いました。

思えば、かつて”荒らし”に散々な目に合わされた時から、「失敗した!」とは思っていました。一度閉鎖してやり直そうとも考えました。で、一応”BBS”も一掃してリニューアルしたものの、今ひとつ伸び悩んでいましたし(悲)

今後は”ブログ”一本で一からやり直そうと思いますので、そちらの方を宜しくお願いいたします。本当にありがとうございました!
 
No.766 2005/06/30(木) 19:15:57
むぎ  
Re*3:緊急告知  
お疲れ様でした。
謎BBSはとても楽しかったです。プロレス格闘技BBSでは色々な見方を知る事ができました。ありがとう御座りました。
 
No.767 2005/07/02(土) 09:59:00
筋肉 卓 Website: フクフク丸のあずましいブログ
Re:緊急告知  
 筋肉 卓としての私は学っ子と2chを彷徨い、丸としての私はコラム・de・ブログに永続参戦決定。
 
 今後ともよろしくお願いします。

 
 
No.768 2005/07/02(土) 21:26:05
スーパーpsy野神  
Re*2:緊急告知  
卓氏どうも。という事は、今後は”筋肉卓氏”に遭うには「学っ子」の方に顔を出せばいいんですね(笑)

では、今後とも”フクフク丸”とはブログの方で宜しくお願いいたします。
 
No.769 2005/07/03(日) 07:56:57
スーパーpsy野神  
Re:緊急告知  
卓氏の提案通り、一応このBBSは”過去ログ”という形で残し、「コラム・de・ブログ」の方にリンクさせたいと思います。

もうしばらく様子を見てから閉鎖しようと考えておりますので、本当にありがとうございました!
レスをすべて読む
 
No.761 2005/06/27(月) 21:10:29
スーパーpsy野神  
PRIDE ミドル級GP2回戦  
(第1試合)
○ハリトーノフ(1R 2分03秒 打撃連打→KO)ペドロ・ヒーゾ●

(第2試合−PRIDEミドル級GP 2回戦)
○ショーグン(3R 判定 3-0)ホジェリオ・ノゲイラ●

(第3試合−PRIDEミドル級GP 2回戦)
○A・オーフレイム(1R 1分20秒 フロントネックロック)ボブチャンチン●

(第4試合)
○ミルコ(1R 3分55秒 左ミドルキック→KO)イブラヒム・マゴメドフ●

(第5試合)
○田村(3R 判定 3-0)瀧本●

(第6試合)
○ホドリゴ・ノゲイラ(1R 8分38秒 パンチ連打→KO)パウエル・ナツラ●

(第7試合−PRIDEミドル級GP 2回戦)
○アローナ(2R終了 TKO(レフェリーストップ))桜庭●

(第8試合−PRIDEミドル級GP 2回戦)
○シウバ(1R 5分26秒 マウントパンチ→KO)中村●
 
No.762 2005/06/27(月) 23:48:14
スーパーpsy野神  
Re:PRIDE ミドル級GP2回戦  
桜庭とボブチャンチン、まさかの”敗退”! 桜庭は試合開始前は”勝利”を誰も疑っていなかったのに、アローナが予想以上に強かったのは確か。やはり、”PRIDEマット”において実は”柔術系”の選手が一番侮れないような気がします。”打撃”のみならず、グラウンドの”テクニック”自体根本的に違いますからね。試合後の桜庭の顔は本当に観るに耐えがたいぐらい痛々しい顔になっていましたから(哀)
ボブチャンチンもまさかあんなにあっけなく負けるとは(汗) まぁ、もともとタッパが小さいから”ミドル級”でもおかしくないのでしょうけど、見た目の印象では結構”痩せ過ぎ”のようにも見えますからね。という事は、実際は”ヘビー”の方が”万全”という事ではないでしょうか。

ショーグンは、今回の相手はノゲイラ弟だった為、かなり”苦戦”を強いられましたね。どうしても兄ホドリゴと比べると見劣りされがちなホジェリオですが、彼の”関節テクニック”もかなりのもの。ショーグンはいつもの”喧嘩ファイト”が出来ませんでしたからね。でも、”ポストシウバ最有力候補”であるショーグンに勝ち上がってもらわなければ困るのも確かでしたから一安心(笑)

ミルコはどうにかヒョ−ドルとの”PRIDEヘビー級選手権”に辿り着けて何よりでしょう。8.28、さいたまスーパーアリーナ。こちらも出来れば観に行きたいが・・・。

田村VS瀧本の試合は、妙な”緊張感”がありましたね。前回「総合格闘技をなめてました。」と言い放った瀧本ですが、いや彼の”冷静さ”というか”神経の太さ”というか、そういったものを感じざるを得ませんでした。田村が次第にイライラするも、それでも中々攻められない”隙の無さ”を瀧本は持っていましたから。そして、”3ラウンド目”には田村に掴みかかり、倒して”マウントポジション”をとって中々放しませんでしたからね。この時点で「田村の負けだろう・・・」と思いきや、”判定”で「田村の勝ち!」って(汗) 今ひとつ、総合格闘技やKー1の”判定基準”がよくわからん(悩)
 
No.760 2005/06/26(日) 09:57:31
スーパーpsy野神  
蝶野、R0D入り!  
蝶野が、全日の7.26代々木大会に急遽”参戦表明”し、しかも正式に”ROD”入りした事が判明! RODvsV.D.M.の抗争の中にB.J.Nも加われば更に面白くなりそうですね。

だから、早く”地上波”で復活してくれ!!

 
No.757 2005/06/25(土) 17:54:36
さかぐち  
番組  
今日のテレビ朝日で0:45〜2:10
坂口征二・憲二親子感動プロレスのルーツアメリカ旅 - 「僕の中のリング」
何気にスペシャルです。楽しみ。


 
No.758 2005/06/25(土) 22:24:27
スーパーpsy野神  
Re:番組  
さかぐちさん、はじめまして。

そういえば「週プロ」か「ゴング」にも載っていましたね。ドリー・ファンクJrとかジャック・ブリスコ辺りと遭っていたはずです。

ちょっと暑い中の”仕事”でかなりくたくたになっている為、ちゃんと見れるかどうかは分かりませんが、一応見るつもりです。
 
No.759 2005/06/26(日) 09:52:11
スーパーpsy野神  
Re*2:番組  
やはり昨日は見れませんでした(泣) そのあとの「ワープロ」は見ましたけど、何だありゃ!?(汗) 「棚橋&中邑inミラノ」って(呆) あんなものを見るために深夜必至に起きてる訳じゃないんだコノヤロー(カ〜ン!カンカンカンカン!!!)
 
No.744 2005/06/18(土) 09:11:22
スーパーpsy野神  
NOAH東京ドーム大会カード決定!  
ちょっと遅いですが(汗)、NOAHの東京ドーム大会の”目玉カード”が新たに2つ追加されました。

(GHCヘビー級選手権)
(王者)力皇猛VS(挑戦者)棚橋弘至

(スペシャルシングルマッチ)
三沢光晴VS川田利明

(スペシャルシングルマッチ)
小橋健太VS佐々木健介

(スペシャルシングルマッチ)
小川良成VS天龍源一郎

とりあえず、この”4本”が決定したのですが、一応”メイン”は”GHCヘビー級選手権”力皇VS棚橋との事。まぁ、NOHAの”至宝”の”タイトルマッチ”ですから”メイン”で戦うのは当たり前なのでしょうけど、どうしても他のカードに比べると”インパクト”に欠けてしまうのは否めません。しかし、”メイン”で戦うんだから、当然他のカードを越えるものを見せなければなりません。でないと、”客”は帰ってしまいますから。

力皇VS棚橋が三沢VS川田、小橋VS健介を越えるには、今から力皇と棚橋の凄まじいまでの”因縁作り”をする事が必要不可欠でしょう。三沢、川田あるいは小橋、健介よりも目立たなければなりませんからね。それと、今度はこの両者が手を組む形で三沢らの”上の世代”に”挑発”するのもまた良いでしょう。力皇VS棚橋との”個人闘争”と、彼らと三沢、川田、小橋、健介らとの”世代闘争”の二つの側面を持たせていけば面白くなっていくと思います。いずれにしても、これまでの”因縁”とか、ファンからの”支持率”がまだ定着していない力皇と棚橋にとってはドームまでの”煽り”は絶対に必要でしょうね。

それと、天龍VS小川(良)ですが、一応かつて小川が天龍の”付き人”をしてた関係上、そういった部分における”因縁”はあるのでしょうけど、正直イマイチ”ピン”とこないのも事実です。それに、両者は”タイプ”的に全く”対照的”な選手同士です。それ故、”興味”を惹かれる部分と、むしろ噛み合わずにあっさり終わっちゃうんじゃないか?という”不安感”の両方を感じてしまいます。でも、この二人だから、実際試合が行われてしまえば、きっと”名勝負”になるのでしょう。でも、それまでの”煽り”は正直”ピン”とこないのは事実です。

後は秋山やJrの選手も残っているので、彼らの”カード”がどうなるかも興味深い所です。僕的には、秋山VS鈴木みのる、”GHCJrヘビー級選手権”金丸VS丸藤に期待! いずれにしても、三沢VS川田、小橋VS健介の試合のみを見て帰る客が出ないよう、全ての試合に客が”興味”を持たせるような大会にして欲しいです!
 
No.746 2005/06/18(土) 22:48:54
スーパーpsy野神  
Re*2:NOAH東京ドーム大会カード決定!  
金丸vsKENTAもいいんですが、せっかくの”ドーム大会(「DESTINY2005」)”ですから、どうせなら丸藤との試合が見たかったです。となれば、丸藤は鈴木と組んでダグ・ウィリアムス&スコーピオの持つ”GHCタッグベルト”に”挑戦”ということでしょうか?

でもって、”チケット”の方ですが”アリーナ席”は”全滅”です(汗) 今回は、去年以上にチケットの”売れ行き”が良さそうなので早いところ買わねば・・・。
 
No.747 2005/06/18(土) 22:59:38
スーパーpsy野神  
Re*3:NOAH東京ドーム大会カード決定!  
今、一回スタンド席(10,000円)のチケットを購入しました。この席なら去年の端っこの席(7,000円)よりは見やすいでしょう(笑)

でもって、今回は15:00開始だから去年よりは多少早く終わるのでしょうけど、やはり”長試合”になるのでしょう。
 
No.750 2005/06/20(月) 08:15:08
筋肉 卓 Website: フクフク丸のあずましいブログ
Re*4:NOAH東京ドーム大会カード決定!  
みのる・丸藤はイギリスに出向いてGHCタッグを奪還してきましたね。で、「ドームで面白い試合を組むんだったらこのベルト賭けてやってもいいぞ」ってな事を言ってます。

 これに、秋山が反応。しかし、パートナーが未定。どうやら橋になるみたいな話ですけど。

 私、菊地とか橋みたいな選手好きなんですよ。
 ブサイクで不器用で、ゴツゴツしててチョンボする。
 自分のポジションをわきまえていながら、たまにそこを飛び出して素晴らしい仕事をする。まさに職人。

 橋は秋山にいじられて良いキャラクターをGETしました。ここはもう一丁、丸藤のヒザを壊して、不本意内容に涙ながらにベルトを返上したあの試合のように「魂」のベストバウトを期待します。

 ・・・と、チケット取りましたか。
 いいなあ。
 いいなあ。

 
 
No.755 2005/06/22(水) 21:51:29
管理者 スーパーpsy野神  
鈴木&丸藤GHC王者奪取!  
丸藤が”GHCJr”に挑戦しなかったのはやはりこのためだったようですね。となれば、ここへ秋山も絡みやすくなる訳ですね。

で、秋山の”パートナー”ですが、何だかんだ言っても橋が一番あってるかも。あの二人はある意味”漫才”みたいなもんですからね。

この試合の”見所”は、それこそ”壮絶”な部分と”お笑い”的な部分の二つが楽しめると思うんですよ。試合としてはかなり面白い試合になりそうです。今から”ワクワク”します!
 
No.756 2005/06/23(木) 16:21:05
筋肉 卓 Website: フクフク丸のあずましいブログ
Re:鈴木&丸藤GHC王者奪取!  
橋 VS みのる。これがこの一戦の魅力でしょう。
 未知のハシマコトが覚醒するか?大注目。

 新日本の札幌はどうやら、天山VS藤田らしいですけど・・・
スリーパーかけながら3カウントでしょうか?なんかチケット購買意欲が薄れております。

  
レスをすべて読む
 
No.753 2005/06/22(水) 06:09:28
スーパーpsy野神  
G1クライマックス2005出場者決定!  
いよいよ、今年の夏の一大イベント「G1クライマックス2005」(8/4〜8/14)の”出場者”が決定いたしました!

(Aブロック)
天山広吉(11年連続11度目の出場)
蝶野正洋(15年連続15度目の出場)
藤波辰爾(4年ぶり8度目の出場)
永田裕志(7年連続7度目の出場)
西村 修(6年連続7度目の出場)
鈴木みのる(2年連続2度目の出場)
ジョシュ・バーネット(初出場)
ケンドー・カシン(初出場)

(Bブロック)
棚橋弘至(4年連続4度目の出場)
中西 学(9年連続9度目の出場)
中邑真輔(3年連続3度目の出場)
真壁刀義(2年連続2度目の出場)
吉江 豊(4年連続5度目の出場)
矢野 通(初出場)
ブルー・ウルフ(2年連続2度目の出場)
未定

”未定”ってもしかして藤田!? それとも高山!? それとも蝶野の”パートナーX”ばりの”しょぼい?”選手?(汗)

でも、今回の”ラインナップ”はほぼ”純血”だから、これはこれで興味をそそられるものはありますね。この中で、真壁、吉江、それから矢野がどれくらい頑張れるかが”鍵”を握ると思います。でも、結局”順当”な結果に終わってしまうのだろうか・・・。



 
No.748 2005/06/19(日) 16:22:47
スーパーpsy野神  
BEST OF THE SUPER JrXUリーグ戦最終&U−30決勝戦  
(6.18、京都市体育館)
(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○矢野(6分05秒 首固め)スミス●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○棚橋(8分23秒 変形ドラゴンスリーパー)ウルフ●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Bブロック)
○外道(11分25秒 外道クラッチ)タイガー●

(IWGP・U−30無差別級王座決定戦)
○棚橋(9分15秒 スリングブレイド→片エビ固め)矢野●
※棚橋が第3代IWGP・U−30王者に!

結局、”U−30”は棚橋が”優勝”ですか(汗) まぁ、”時期エース候補”の”一角”ですから、ここで”ベルト”を逃す訳にはいかんですからね。でも、矢野に勝って欲しかった(悔)

”スーパーJr”の方はこれで”リーグ戦”は終了! ”Aブロック”の”1位”は、金本と稔がともに”8点”で”決勝トーナメント”進出決定! ”Bブロック”は、”1位”が”10点”の外道、”2位”が”8点”のタイガーで”決勝トーナメント”進出決定! 今夜一体誰が「BEST OF THE SUPER JrXU」を制すか!?
 
No.749 2005/06/19(日) 21:01:32
スーパーpsy野神  
BEST OF THE SUPER JrXU決勝トーナメント  
(6.19、後楽園ホール)
(BEST OF THE SUPER Jr.XII 準決勝)
○タイガー(12分03秒 タイガースープレックスホールド)稔●
※タイガーが決勝進出

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 準決勝)
○外道(10分54秒 外道クラッチ)金本●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 決勝戦)
○タイガー(16分03秒 タイガースープレックスホールド)外道●
※タイガーBEST OF THE SUPER Jr.XII優勝!

タイガー去年に引き続き”優勝”です! しかし、今ひとつパッとしない感じがするのも事実です。その”理由”としては、一つはJrの”看板選手”が多い事、それから”4代目”である事、それと確かに”技”は”華麗”だが、初代タイガーやNOAHJrに比べると”ダイナミックさ”に今ひとつ欠ける事、そして新日本では今ひとつ”Jrヘビー”が疎かにされている事、以上でしょう。これでは”ヘビー”の方の天山と寸分変わりません。今の新日本でJr、ヘビー問わず本当の意味で”突出”した選手が現れるのは、果たしていつの事やら・・・。
 
No.751 2005/06/20(月) 08:37:19
筋肉 卓 Website: フクフク丸のあずましいブログ
Re:BEST OF THE SUPER JrXU決勝トーナメント  
 U-30→いくらIWGPの名前が(後付けながら)ついているベルトだからといって、やっぱり新日本では2番手以下という雰囲気は拭えません。

 とは言え、NOAHの東京ドームのメインに棚橋の登場が決まった以上は「IWGPタッグ王者」では肩書きが弱いですし、今の新日の流れから言ったらIWGPの本ベルトが棚橋に渡る流れは作れないし、実際に7・18にはドームの裏興行の札幌・月寒でIWGPの防衛戦が組まれてます(相手は未定)から、これは持っていけない。

 棚橋がドームまでに手土産を携えた形になって、棚橋が良く頑張ったってことでも良いのですが、ドームのカード発表の時点でこのU-30のリーグ戦の結果が見えましたよね。
 これは新日にとって、またU-30のベルトにとって凄く悪かったと思います。誰も問題視してないところがまた、このベルトへの注目の低さを雄弁に物語っていますが。


 ジュニア。
 新日のジュニアの良くないところは、ヘビーと混ざって試合する時に弱く見えることではないですか?NOAHなんてヘビーに混ざってバンバン試合しますよ。80sそこそこのKENTAが天龍にパンチだのキックだの入れてく様子は熱を帯びずには居られません。杉浦なんて、ヘビー級にでも普通にオリンピック予選スラムしてますよ。
 
 翻って新日本。イキの良いプロレスを信条とする金本も、対ヘビーではカラッキシ目立てないし、対ジュニアとして特化しすぎていいて、ヘビーに掛からない技が多すぎます。

 それならそれで、ジュニア選手は一切ヘビーと絡めなきゃ良いのに、ライガーとかは飛び出して行っちゃうし、邪道・外道の受けっぷりはヘビーにも通用します。

 私にはこの3人が突出して見えますよ。やっぱり。

 タイガーマスクはたまに地上波に出ますけど、普通に比べたら十分な運動神経ですが、タイガーマスクを被るには全然足りない。というか、あの動きを理解してくれる良きライバルがいませんね。
 リング上でタイガームーブを復活させたいのは山々でしょうけれど、今のままだとリング上で一人で踊っているだけみたい。

 垣原あたりがヒール化して、虎ハンターになれば面白くなるかもしれません。ヘッドロックをハズさないでマスク狩りするとか。

 
 それと、新日本は藤田和之がちゃんとプロレスをやり始めたらしく、強くて豪快なプロレスでファンが沸きまくったらしいです。
 チームジャパンが豪快に引っ掻き回して高い壁になり、それを乗り越えて行く新世代という構図に持って行けば、興行に軸ができますよね。
 
 となると、BNJは要らなくなっちゃうなあ・・・ 
 
 
No.752 2005/06/20(月) 21:09:59
スーパーpsy野神  
Re*2:BEST OF THE SUPER JrXU決勝トーナメント  
>U−30
要するに、棚橋が”U−30王者”になったのも、結局は”NOAH出場”の”布石”でしかなかった、という事でしょうか。確かに、NOAHの”一大イベント”であるドーム大会「DESTINY」で、力皇の持つ”GHCヘビー級ベルト”に挑戦するのに”U−30”を獲らなかったら、その”資格”を問われますもんね(汗)

>新日Jr
新日の場合は、そもそも”ヘビー”と”Jr”の線引きがはっきりしすぎてるんですよね。その中で”対ヘビー”に対しても積極的に取り組んできたのはライガーぐらいでしょう。だからこそ、”ここ一番”の”力強さ”に関しては、ライガーの右に出る選手はまずいないでしょう。他の選手は、大抵は”Jr”というポジションに甘んじている感じさえします。

>タイガーマスク(四代目)
僕は、今のタイガーは”プロレスメディア”の評判通り、”初代”に一番近い”センス”の持ち主だと思います。でも、確かに”対戦相手”に恵まれていないのは事実。タイガー特有の”四次元殺法”を生かしてくれる”ライバル”の存在が確かにいないでしょう。ライガーも金本も稔るもどちらかと言えば、それを”殺す”選手です。今、ワグナーJrやシルバー・キングのような”メヒコ系”の選手が新日マットに上がっていれば、タイガーはもっともっと光れるはずなんですけどね。あとは、頼みの綱は”四代目ブラックタイガー”という事でしょうか。

>チームJAPAN
藤田がとうとう”プロレス”を認めましたか(笑) 彼のような”野獣系パワーファイター”が本格的に”プロレス”に取り組めば確かに面白くなるでしょう。でも、まだ彼一人では厳しいでしょう。底にもう一人の”野獣系パワーファイター”中西と、”頭脳派”の永田とカシンが交わる事で”一大勢力”を築く事が出来るのでしょう。今、新日の”再建”の”鍵”を握るのは間違いなく彼らなのでしょう。そういった意味で、もはや蝶野の出る幕ではないのでしょう。彼は”裏方”に回る方が良いかと。
 
No.712 2005/05/21(土) 22:17:54
スーパーpsy野神  
BEST OF THE SUPER JrXU開幕  
(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Bブロック )
○ブラック・タイガー(6分13秒 ツームストン・パイルドライバー→片エビ固め)安沢●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック )
○洋央紀(10分08秒 回天→エビ固め)サムライ●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック )
○金本(9分34秒 アンクルホールド) スタンピード・キッド●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Bブロック )
○ライガー(16分50秒 CTB→体固め)井上●

(タッグマッチ)
○棚橋、中邑(15分41秒 スリングブレイド→片エビ固め)●真壁、矢野

(6人タッグマッチ)
蝶野、○永田、中西(19分39秒 サンダーデスドライバー→片エビ固め)天山、●飯塚、ウルフ

・・・etc

今回は結構”順当”な勝敗ですね。ライガーは前年の”黒星スタート”から脱出できました。今年は、やはり「ヤングライオン杯」で”優勝”し、金本を下して”IWGPJrタッグ王者”に君臨した後藤洋央紀に期待!

それにしても、真壁&矢野が中邑&棚橋に敗れたのが悔しい!
 
No.732 2005/06/05(日) 16:19:28
スーパーpsy野神  
6.4、イタリア大会  
(IWGPヘビー級選手権)
○天山(12分29秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)ノートン●

(IWGP・U−30王者決定リーグ戦)
○棚橋(10分21秒 スリングブレイド→片エビ固め)矢野●

・・・etc

”U−30リーグ戦”は、矢野がここで勝たないと(汗) ここで一泡吹かせなかったら、このまんま棚橋に”王者”になってもらってもちっとも面白くないんだから。

”IWGP”の方もあまり天山を悪く言うと”苦情”がくるので?あれなんですが(笑)、ここもノートンに勝ってもらった方が面白い!と思うのは私だけ?
 
No.734 2005/06/06(月) 10:25:01
筋肉 卓 Website: フクフク丸のあずましいブログ
Re:6.4、イタリア大会  
ああ、矢野よ…
負けんなよな・・・

試合内容が伝わってないので、良い試合だったら良いけれど・・・
 
No.740 2005/06/11(土) 22:43:35
スーパーpsy野神  
BEST OF THE SUPER JrXU6日目&7日目&U−30  
(6.10、明石市立産業交流センター)
(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○矢野(5分22秒 鬼殺し→片エビ固め)長尾●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○サムライ(10分47秒 サムライクラッチ)垣原●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○金本(10分40秒 アンクルホールド)邪道●

(6.11、倉敷、山陽ハイツ)
(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○ハーリー・スミス(4分55秒 ライガーボム→エビ固め)山本●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○ウルフ(1分42秒 ラリアット→片エビ固め)長尾●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○稔(11分28秒 逆十字固め)洋央紀●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Bブロック)
○ライガー(12分12秒 C.T.B→片エビ固め)竹村●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Bブロック)
○井上(11分53秒 前方回転エビ固めを潰してエビ固め)タイガー●

垣原は、本当にパッとしなくなりましたね(哀) ”Uインター時代”に健介や永田を潰した頃の”気迫”はいずこへ・・・。それと、井上がタイガーに勝利! 面白くなってきました!!

ちなみに、ブラックタイガーが”右肩脱臼”による”負傷欠場”との事です(残念)

(U−30星取り)
1位:矢野(4点)、2位:棚橋、ウルフ、スミス、山本(2点)、3位:長尾(0点)

(BEST OF THE SUPER Jr 星取り)
(Aブロック)
1位:金本(6点)、2位:サムライ、稔、洋央紀、キッド(4点)、3位:垣原、邪道(2点)
(Bブロック)
1位:タイガー、井上、ライガー、外道(6点)、2位:ブラック・タイガー(4点)、3位:竹村、安沢(0点)
 
No.742 2005/06/15(水) 23:38:51
スーパーpsy野神  
BEST OF THE SUPER JrXU8日目&9日目&U−30  
(6.13、大阪府立体育館第二競技場)
(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Bブロック)
○竹村(7分46秒 ドラゴンスリーパー)安沢●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○棚橋(9分38秒 スリングブレイド→片エビ固め)ハーリー・スミス●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○稔(19分38秒 ミノルスペシャル)金本●

(6.15、岡山県津山市総合体育館)
(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○H・スミス(6分05秒 ライガーボム→エビ固め)長尾●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○ウルフ(4分17秒 ラリアット→片エビ固め)山本●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○垣原(8分30秒 稲妻レッグラリアート→片エビ固め)S・キッド●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○邪道(11分31秒 クロス・フェイス・オブ・JADO)洋央紀●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Bブロック)
○外道(17分24秒 外道クラッチ)ライガー●

(U−30星取り)
1位:矢野、棚橋、ウルフ、スミス(4点)、2位:山本(2点)、3位:長尾(0点)

(BEST OF THE SUPER Jr 星取り)
(Aブロック)
1位:金本、稔(6点)、2位:サムライ、洋央紀、キッド、垣原、邪道(4点)
(Bブロック)
1位:タイガー、外道(8点)、2位:ライガー、井上(6点)、3位:ブラック・タイガー(4点)、4位:竹村(2点)、5位:安沢(0点)
 
No.743 2005/06/17(金) 22:40:58
スーパーpsy野神  
BEST OF THE SUPER JrXU10日目&11日目&U−30  
(6.16、阿南市スポーツ総合センター)
(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○垣原(8分02秒 グラウンド・ヘッドロック)邪道●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○ウルフ(8分46秒 ラリアット→片エビ固め)スミス●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○サムライ(9分31秒 チキンウィングアームロック)キッド●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○棚橋(5分06秒 ジャーマンスープレックスホールド)山本●

(6.17、高松市総合体育館)
(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○洋央紀(7分57秒 地獄車→片エビ固め)キッド●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○矢野(0分25秒 鬼殺し→エビ固め)山本●

(IWGP・U−30無差別級王座決定公式リーグ戦)
○棚橋(3分24秒 ドラゴンスリーパー)長尾●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○稔(13分04秒 HEAT クラッチ)サムライ●

(BEST OF THE SUPER Jr.XII 公式リーグ戦Aブロック)
○金本(10分29秒 アンクルホールド)垣原●

デイビーボーイ・スミスの”遺児”、ハーリー”ブルドッグ”スミスは期待されている割には今ひとつ”成果”が出せていません(悲) 一応、待望の”大型新人 ”なのですが、まだ実際の所は”未熟”なのでしょうか。前回も途中で”怪我”して帰国しちゃいましたし(汗) やはり、”大型新人”と呼ばれるレスラーは強くなくちゃ意味が無いので、中邑同様、もう少しじっくり寝かすべきかと。

それから、井上亘がイタリア遠征での頭部の”怪我”によって”欠場”との事(惜) せっかく面白くなってきたのに(残念)

(U−30星取り)
1位:棚橋(8点)、2位:矢野、ウルフ(6点)、3位:スミス(4点)、4位:山本(2点)、5位:長尾(0点)

(BEST OF THE SUPER Jr 星取り)
(Aブロック)
1位:金本、稔(8点)、2位:サムライ、洋央紀、垣原(6点)、3位:キッド、邪道(4点)
※金本と稔が”決勝トーナメント”進出決定!

(Bブロック)
1位:タイガー、外道(8点)、2位:ライガー、井上(6点)、3位:ブラック・タイガー(4点)、4位:竹村、安沢(2点)
レスをすべて読む
 
No.741 2005/06/14(火) 22:11:12
スーパーpsy野神  
K−1JAPAN GP  
(K−1 JAPAN GP 一回戦)
○富平辰文(延長R 判定 2-1)天田ヒロミ●

(K−1 JAPAN GP 一回戦)
○藤本祐介(3R 判定 3-0)森口竜●

(K−1 JAPAN GP 一回戦)
○ボブ・サップ(3R 判定 3-0)中尾芳広● 

(K−1 JAPAN GP 一回戦)
○堀啓(3R 判定 3-0)中迫剛●

(スーパーファイト)
○チェ・ホンマン(2R 2分11秒 左膝蹴り→KO)トム・ハワード●

(K−1 JAPAN GP 準決勝戦)
○富平(1R 2分39秒 KO)藤本●

(K−1 JAPAN GP 準決勝戦)
○サップ(2R 1分54秒 パンチ連打→KO(2ノックダウン))堀●

(スーパーファイト)
○レイ・セフォー(1R 0分37秒 TKO(タオル投入))ルスラン・カラエル●

(K−1 JAPAN GP 決勝戦)
○サップ(3R 判定3-0)富平●
※ボブ・サップが優勝!

サップ、ようやく”完全復活”しましたか(嬉) かつての”突進パンチ”が復活しましたし、”キック”もかなり上達したと思います。オーストラリアでの”修行”の成果でしょう。でも、何となく”勝たせてもらった”感もあります(汗) 大体、”初戦”の相手が”レスリング出身”の中尾って(汗) ”総合ルール”だったらおそらく中尾が勝っていたのでしょうけど、あの試合は正直”K−1”と言うより”間の悪いプロレス”という感じでした(苦笑) 実際、中尾は”ジャンピングニー?”や”ドロップキック?”を出していましたし(汗) 変な”挑発”もしてましたし(苦笑)

そして、最後に勝ちあがった富平もなんか”のらりくらり型噛ませ犬?”という感じで、”K−1版リック・フレアー”と言わんばかりの”のらりくらり”とした”受けの上手さ”を見せ付けたのはいいけど、結局サップを”優勝”させる為にぶつけられた感じもしないでもないでしょう。でも、VS藤本戦の”左ハイキック”は”お見事”です。

そして、今回のもう一つの”ドラマ”は、”K−1ジャパンの重鎮”中迫剛と”K−1ジャパンの超新星”堀啓の”世代交代マッチ?”です。先だっての”パリ大会”でのバンナVSアビディ張りの”殺伐感”のある試合でした。お互いが”意地”と”意地”のぶつかり合いで、中迫のキレるシーン、堀の”挑発”するシーンが見られ、そしてお互い目蓋の上を切るほどの”壮絶な試合”が展開されましたからね。

ちょっと前まで”馬鹿”にしていたK−1でも、ここ最近はプロレスより全然面白い展開が見られるのも事実です(汗) 今年の「K−1ワールドGP」はかなり面白くなりそうです。サップとホンマン、それからシュルトの絡みには興味があります。それとボンヤスキーVSフェイトーザ、おそらく”王者交代”が見られそうな予感がします。凄く”ワクワク”します!
 
No.737 2005/06/07(火) 23:31:06
スーパーpsy野神  
柴田VS長州戦決定!  
柴田の”復帰戦”であるVS長州戦が”決定”したようです。しかしながら・・・、その”復活の場”はBIG MOUTH率いる「W−1(仮)」ではなく、リキプロの”一周年興行”との事です(呆) あまりこういった事は言いたくありませんが、若い女の子(ファン代表)が代表を務めるような”弱小団体”が結局柴田の”復活の場”だというのは何だか可愛そう過ぎます(哀) 上井は柴田を何だと思ってるんだ!? 前田はおそらく柴田なんて”眼中”にないんでしょうね(呆)

柴田が大嫌いな草間社長も”クビ”になった事だし、これじゃ柴田の”新日離脱”は全く意味がないじゃないですか! 5.14東京ドームの「NEXESS」に顔を出したはいいけど、前田が差し向けた山本宜久に全て持っていかれる始末。柴田は完全に面食らってましたからね(哀) 何かを仕掛けようとして、突然の”招かれざる客”の前にとうとう何も出来ないまま会場を立たなきゃいけないんですからね。そして、”復帰戦”が決まったと思ったら”リキプロ”って(呆)

もはや、柴田は新日に戻ってきた方がいい! そして、再び今の腑抜けた新日本に”活気”を戻して欲しい!
 
No.738 2005/06/08(水) 04:52:38
筋肉 卓 Website: フクフク丸のあずましいブログ
Re:柴田VS長州戦決定!  
 何にしても、前田というジョーカーと絡んだ以上はそのくらいの毒を飲む覚悟はしていたはず。
 柴田・村上・上井サンは新日本を飛び出して、今や「干されている」状態。それも試合でガチガチ潰しにくるのではなくて、リングに上がれない状態で干されています。

 我々のようなコアなファンの間でさえ、待望論がささやく程度にしか聞こえてこないのに、ましてや新しいファンの方々にしてみれば、「柴田なんて知らない」状態に陥る事は確実です。

 リングに上がれない、上がるリングが無ければ力ずくで上がるリングを作れば良い。新日への登場を前田-山本に寸止めされて、平田マシン広報部長にBIGMOUTHとの絶縁を言い渡されて、いよいよ行き場を無くして、今や好好爺と化した長州の懐に世話になる・・・

 上井サンの当初の目論見では、今年の契約更改時にもう少し新日離脱組が出る目論見だったでしょう。それが、前田のニオイをさせてから急に減ってしまった。前田と絡むことで世間の注目は浴びる事はできたけれど、前田と絡んだばかりに手持ちの駒を増やせない。プロレス界における「前田アレルギー」は確実に存在していて、それをおいしく頂こうとしているのは永田くらいのものですよね。あとは、関わらないことで前田を完全にプロレス界から抹殺しようとしている。

 そういう気配がしますね。

 独立当初、BIGMOUTHの構想にあったフリーランスのレスラーによるド迫力プロレスにラインナップされていた天龍・高山・佐々木・鈴木はいまや全部NOAHにさらわれて行っている状態で、NOAHで華々しい試合を見せたり、陰で支えたり、参戦決定で夢を膨らませたりしているワケです。 

 フリーのレスラーの動きというのは正直で、この業界の構図を読む指標になりますよね。試合面で面白味の少ない所には長く留まらない。様々なリングに上がり続けて顔を売らないと銭にならないのですから。

 柴田も、リングに上がるべき。
 それは乱入という形でも、どこのリングでも一向に構いません。いっその事、NOAHと絡めば良いのに。

 安易に新日本とは絡んで欲しくないです。もっと力をつけて、せめて新日本を圧倒するくらいの脅威になってから新日本に戻らないと、出て行った意味がまるで無いですからね。
 
 
No.739 2005/06/08(水) 22:57:41
スーパーpsy野神  
やっぱりNOAHが最強か!?  
今の”日本プロレス界”の現状を見ると、いくら上井が”プロレス最強”を掲げて”BIG MOUTH”を設立したとしても、”NOAH最強”はそう簡単に揺るがないのは確かなのでしょうね。そもそも、”選手”もまだ揃っていない上、”構想”自体が”暗礁”に乗り上げ、更に”スーパーバイザー”である前田との意見も”チグハグ”状態。これじゃ、天龍、高山、鈴木がNOAH、健介が全日に流れてしまうのも無理ないでしょうね(汗)

NOAHは現時点の”日本プロレス界”では最も理想的な団体なのでしょう。”プロレス”としての”強さ”凄さ”それプラス”クオリティー”と、どれをとっても申し分ないのは事実です。まぁ、”欠点”をあげれば、”ベテラン/中堅層”が多いのと、”外人勢”が希薄な事だけ。そういった所へ柴田が絡んでいけば確かに面白いと思います。ただ、今の段階では、小橋や秋山と戦った所で”格の差”をどうしても見せ付けられてしまうのは事実。それに、ほぼ”同世代?”の力皇や森嶋では、”スタイル”的に噛み合わなそう。そういう意味では、むしろ杉浦やKENTA辺りと絡んだ方が”内容的”には面白くなるような気がします。でも”Jr”ですからね(汗) まぁ、KENTAはともかく杉浦は事実上”ヘビー”だと思っていますから(おそらく普段は絶対100kg越えてると思うが・・・)、柴田との”一騎打ち”は結構深いものがあります。そのあと、徐々に秋山辺りに”照準”を絞って、そこで”好勝負”を繰り広げた後、最終的に小橋健太という事実上の”絶対エース”にたどり着けばいいのではないでしょうか。

いずれにしても、今更柴田が長州や藤原らとっくに”峠”を越えた選手と絡んだってしょうがない訳ですから(呆) 柴田に”プラス”になるような”相手”、”団体”が絶対必要である事は確かです!

[前の10件] [Reload] [次の10件]
ホームページへ

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング