閉じる

URL:
題名:
お名前:
メールアドレス:
ホームページ:
ホームページURL:
  ブラウザに情報を記録する


この画面で書き込みを行うと、以下の書き込みの返信になります。
[最初のページに戻る]
[前の30件] [Reload] [次の30件]

No.232 2009/11/23(月) 14:24:47
田中  
活動報告 2009/7/25(土) 返信
記憶力が悪いために同じ女の子に二度声をかけてしまい、気まずい思いをしたことのある人は僕だけではないと思います。
この日は“NP界のレインマン”の異名を持つ(ウソですが)エヌリオ君が不在のため若干心配であります。

「すいません、いまそこで見かけたんですけど、すごく可愛かったんで思い切って声かけてみたんですけど…。」

黒いミニのワンピースが可愛い小柄な女の子です。
女の子はおもむろにイヤホンをはずすと、

「前にも声かけられましたよね。」

キター!
まったく思い出せませんでしたがここは適当にごまかします。

「あ、ひさしぶり〜。あいかわらず可愛いね。どこ行くの?」
「いま家に帰るところです。」
「じゃ一緒にゴハンたべようよ。」
「いいですよ。」

今にも雨が降りそうな天気でしたが、うまく居酒屋へ避難完了。
日常会話で打ち解けたあと手相を見るふりをして隣の席へうつり、やがて恋愛話と理想的な展開。そしてひと段落したところで夜のドライブへ出かけることに。
立ち寄った某深夜営業店(写真)で『飛びっ子』を提案しましたが拒否されてしまったので、夜景コースを楽しんで終了。

今回の出来事は、同じ女の子に再び声をかけてしまっても必ずしも不都合とは限らない、ということで今後の活動に勇気を与えてくれそうです。



(追伸)
数ヶ月前の出来事。

「こんにちは〜。すごく可愛かったんで思い切って声かけてみたんだけど。」
「………(笑)。」
「なんで笑ってるの?」
「ついさっきも声かけられましたよ(笑)。」
「それって運命感じるよね。人の出会いって…」
「急いでますから。」



[最初のページに戻る]
[前の30件] [Reload] [次の30件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング