閉じる

科学的世界観の掲示板
  
科学的世界観  ―― 科学的知識に基づく 世界の統一的把握と その帰結及び限界 ――http://www.geocities.jp/nbsakurai/
科学的世界観のBlog http://nbsakurai.exblog.jp/


 【 ・・・ 休 眠 中 ・・・ 】   休眠します。ていうか既に休眠状態に入ってます。

 『科学的世界観』、『科学的世界観のBlog』、『科学的世界観の掲示板』、というふうにこれまでやってきましたが、
内容的にも方法論的にも、そろそろもう一区切りなのかな、というような感じになってきてまして。

 これまで気に留めていただいた方、ありがとうございました。

 
URL:

お名前 : メール :
タイトル:

 



[最初のページに戻る]
[前の30件] [Reload] [次の30件]


科学的世界観は決定論か? その2のこと Kina (ip68-100-140-43.dc.dc.cox.net) 2006/07/16(日) 21:10:51
◆ 何かが「物質の特性の発現」ということであれば、その「物質」の特性を研究するというのが、自然なあり方だと私は思ってしまいます。そうすると、「物質」とは別の何かを特に想定して、それと「物質」の「相互作用」などということを、改めて言う必要が特にあるようには思えないのですが。・・・「主体性」という言葉が何を意味するのかは十分に理解できてはおりませんが、「主体性を持った物質」というものが、原理的に自然法則に従わないもの、超越したものということを意味するとするなら、そういうものの存在を認めた時、そこで科学は事実上手を引くことになるものと私は思います。そういうものが科学で扱えるとは思えませんので、おそらく哲学や宗教に任せることになるのでしょう。一方で、原理的に自然法則に従うものであるとするなら、通常の科学の範囲内で取り扱っていれば済むことだろうと私は思います。ことさら「主体性」を取り上げる必要があるとは思えません。
◇先にも言いましたように、手で物を持ち上げようと思えば、持ち上げることができます。このようなことは、私たちが日常的に見ていることです。すなわち、意思(精神、意識活動)は、物質を動かす行為に先立っております。このような現実に対して科学的な態度とはどのようなものでしょう。科学的態度とは、主観による独断を斥け、あくまでも、現実に基づいて、現実を理性的に把握することではないでしょうか。
◇ 自然法則に従うだけの物質を想定して、そのような物質から、能動的な精神が生じるとは思われないから、能動的精神は錯覚であると結論付けるのが、科学的態度なのでしょうか。
◇「主体性を持った物質」とは、「原理的に自然法則に従わない超越したもの」ではありません。「我々の厳密に認識していない機能」すなわち「未知のプラスαを備えた物質」のことです。
「物質の主体性」すなわち「未知のプラスα」をことさら想定することが必要ないとおっしゃるのであれば、まず、なぜ、私の意志が行動に先立ち、物質に働きかけるという現象を私が目撃し、実感しているのかの、合理的な説明をしていただく必要があります。
◇ 現在の物質に関する知識は、物質を知り尽くして、最早何も残された未知のものはないのでしょうか。私が主張しているのは、人類の現在の物質に関する知識は、まだまだ遥かなる発展途上にあるのであって、生命の誕生のメカニズム、精神の主体性のメカニズムも、物質の未知の部分により、いずれは科学的に説明しえるものであるとということです。
◇ 現在の科学において、充分な説明ができないからといって、「主観的な意識の存在は物理的な過程に何ら影響しない。」と断定することが、科学的態度なのでしょうか。

◆ (1) 人間の意識活動が脳の物理化学的変化により、大きく影響されることから、人間の精神すなわち意識活動は、脳という物質によって営まれていることについては、私もまずは同意見といって差し支えないのではないかと思います。(2) 脳という物質によって営まれている人間の精神が、主体性を有することは、それがまさにここで問題とされていることなのですから、このように言ってしまうのは、論点先取りということにはならないでしょうか。
◇ (2)の点に関しては、先にも言いましたように、手で物を持ち上げようと思えば、持ち上げることができます。このようなことは、私たちが日常的に見ていることです。すなわち、意思は、物質を動かす行為に先立っていることを実感していることから、これ以上の証明を要する問題ではないと思います。私たちの科学的知識もそのような実感を超えた明証性を持ったものではありません。
◇ 前記の実感に対する明証性以上に、証明が必要とされる根拠は何でしょうか。
◇ 現在の科学において、充分な説明ができないからといって、「主観的な意識の存在は物理的な過程に何ら影響しない。」と断定することは、論点の先取りにはならないのでしょうか。
◆「主体性」という言葉で何を指しているのか、それが何を意味するのかを明らかにすることが、まず必要だと思います。科学的知識や事実、法則に従わない、という意味であるとするなら、それに従う「素粒子から、化合物、単細胞生物」を持ち出しても、あまり意味はないのではないか、という気がします。それらも従わないとするなら、それは科学とはたぶん無縁の、哲学や宗教や詩的な想い、というようなことになるのではないでしょうか。
◇ 先に申上げたように「主体性を持った物質」とは、「原理的に自然法則に従わない超越したもの」ではありません。「我々の厳密に認識していない機能」すなわち「未知のプラスαを備えた物質」のことです。
◇ 「未知のプラスα」は、自然法則に従わないものであるとは言っておりません。それは、精神の能動性や主体性を構成するもととなるものであり、物質が単なる受身的な存在でないという特質をなすものです。

◆ 物質と主体性切り離したとらえ方は、人間が物質からなることを最初から否定するものとは、思えません。・・・宇宙は、物質のみの主体性によりダイナミックな活動をしておりますし、原子や分子も静止しているものはありません。そうではないかと私にも思えますが、私はそれを「物質の主体性」とは呼びません。何故、物質が、単に自然法則にしたがって運動しているだけと、とらえるよりも、物質本来の主体性ととらえた方が良いのか、私には分かりません。
◇ 「物質の主体性」とよぶか、「未知のプラスα」とよぶかは、重要ではありません。問題は、意思なり精神が、物質を動かす行為に先立っていることを実感していることの合理的科学的な説明です。
◇ 物質が多様な形で運動をしていることは、それが物質本来のあり方であることを示しています。物質が、単に自然法則にしたがって運動しているだけであるならば、宇宙を客観的世界は、もっとシンプルなものであってもよいのではないでしょうか。
(続く)



返信
[最初のページに戻る]
[前の30件] [Reload] [次の30件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング