閉じる

掲示板
URL:
      だいめい
      おなまえ
      めーる
      ほーむぺーじ
      ぽーむぺーじのurl 
  ブラウザに情報を記録する
     


[前の5件] [Reload] [次の5件]

No.4308 2017/11/17(金) 16:57:03
岡本流生  
お初 返信
兄は7時過ぎに松本の病院へ。 この時間まで戻ってきていないので、無事診察を受けることができたようです。


早朝、二時間ほど版を彫り、8時前に新嘗祭のための「お初」を集めに回りました。 組の6軒のうち1軒は喪中のため回りません。

5軒から集めた「お初」は、柿一つ、キウイ二個、椎茸3っ。後は適当なものがない人は100円出すので、それが二軒で」200円でした。

それを持って神社まで。たかだか15分ほどの外回りでしたが、指先は「凍傷になるのでは」?と心配するほどかじかみ、感覚がなくなりました。 寒さも一段と進んだようです。


帰っても刀を握れず、しばらく湯沸かし器で洗い物をしながら指先の神経が戻るのを待ちました。


 
No.4309 (修正済) 2017/11/17(金) 17:03:15
岡本流生  
Re:お初 返信
昨夜の「かぼちゃ試食&来季の種の選別会」は面白かった。 十数人の保存会のメンバーで試食し、それぞれが≪美味しい≫と思ったもの5つを投票します。

票はそれほど割れず、やはり美味しいものは誰にとっても同じようです。最高得票を得たものから順に5位までのかぼちゃの種子を来期にまくことになりました。

全員の投票が終わった後、それぞれのかぼちゃの糖度、乾物度(数値が低いほど水っぽい)が発表されました。

驚いたのは、糖度が最高だったかぼちゃが選外だったこと。 必ずしも糖度が高いほど美味しいとは言えないようです。


形、色、味の三拍子が揃った良い実が付くことを期待しています。

 
No.4310 2017/11/17(金) 17:15:31
岡本流生  
Re*2:お初 返信
かぼちゃと言えば、谷中安則。 私がかぼちゃの会に入ったのも、谷中の命日、9月九日の「かぼちゃ忌」 あるいは人により「おかぼちゃ忌」に、自分で作ったかぼちゃをお供え出来たらというのが理由でした。


その谷中安則、一夫さんが早速調べ始めたのですが、彼が飯田の図書館から借りた本が素晴しいのです。

谷中安則「モダンとデカダン」 私も初めて目にする本でした。 作品の図録もこれまでになく豊富で面白く、また日夏耿之介宛ての「絵入りの手紙」も初見で、こんなものもあったのかと驚かされました。


谷中はやはり天才! これだけの奇想の人、そして童心を併せ持つ人はめったにいるものではありません。

来年は少しでも谷中の「匂い」がするような作品を一版多色刷りの版画で作れたらいいなぁと・・・


 
No.4311 2017/11/17(金) 17:23:40
岡本流生  
Re*3:お初 返信
久美ちゃんからメールで「Kくんが理科の濃度計算で割り切れない問題があるようでどうすればいいか、じいじに聞きたいと言っている」と。

それで、今日の5時半からスカイプで教えることに。 困ったときに頼りにして貰えるのは嬉しいな。

今教えているY君、来年の高校受験が終われば塾も卒業です。さて、その後、また一人か二人塾生を募集しようかな。ただし同学年なら二人まで。 ちがう学年なら、時間的に制約が多くなるので・・・・どうしようかな?
 
No.4312 (修正済) 2017/11/18(土) 19:55:56
岡本流生  
Re*4:お初 返信
今日は来月の年賀状教室の準備。 以前、杉山さんから頂いたはがきサイズの版木に見当をあらかじめ切っておく作業。 この版木のおかげで、版画教室は参加費無料で開催できます。

午後はY君の塾。テストが近いので、理科の3年間の復讐をみっちり。まだまだかなぁ。明日も続きをやる予定。


一夫さん、兄の件、本当に助かります! ありがとう!! よろしくお願いいたします。 尚、行は私が南木曽まで送って行こうと考えています。


南信州新聞にかぼちゃの試食会の様子が掲載されました。半纏姿の私もしっかり写っていました。



No.4302 2017/11/14(火) 17:38:05
岡本流生  
いい話 返信
天気予報にいよいよ雪のマークが出ました。このまま行くと18日の土曜日が雪に。 去年も11月に降ったなぁ。

スカイプを使った孫のK君の塾は楽しくできています。こうやって毎週孫の顔が見られるのですから嬉しい。「月謝代わりにお義父様に何か暖かい衣料品を送りますね」と嫁。

それなら襟付きのチョッキをと希望しておきました。今着ているチョッキも以前嫁からもらったもの。 温かく仕事もしやすいので重宝しているのですが、よそ行きがあればと。

制作中の帆船の版画、背景の雲の表現に悩んでいましたが、思い切ってこれまでやったことのない彫り方を試すことにしました。

それが思った以上に良い効果を出しそうな、そんな気がしています。

明日、竹内さんご夫妻が何か良いお話を持って来てくださいます。楽しみ楽しみ。

 
No.4303 2017/11/14(火) 17:46:10
岡本流生  
Re:いい話 返信
兄がいよいよ足の静脈瘤の手術をすることになりそうです。 明後日、飯田の病院に紹介された松本の専門病院まで診察を受けに行くことになりました。

手術はおそらく年内に。 二日ほどの入院になるようです。

私の方は明後日は「かぼちゃの試食会」 理想的な形のかぼちゃを幾つか選び料理して味を確かめます。


その後「伝統野菜保存会」のメンバーの投票で、美味しいと良い評価だったかぼちゃの種を来期に使うということです。

 
No.4304 2017/11/16(木) 17:03:21
岡本流生  
Re*2:いい話 返信
昨日、応援団長さんが持ってきた良い話は、飯田の創造館での個展でした。創造館は県の文化施設で、南信州では伝統ある展示施設の一つです。

館長さんから、企画展ではないが、是非やらないかと、惠子さんのほうにお話があったそうです。 運営もポスター、チラシ、案内状なども実行委員会がやってくださるという話ですので、こちらとしてはありがたいお話で、お断りする理由がありません。

これも、普段から広報部長が機会を見つけてはせっせと売り込んでくださったお陰です。
 
No.4305 2017/11/16(木) 17:15:40
岡本流生  
Re*3:いい話 返信
その時、もう一つ別なお話がありました。 近くの中学で英語のアシスタントティーチャーをしている英国の女性、その方が浮世絵がヨーロッパの近代絵画に与えた影響を研究されているという話。

それで、私に何か彼女にその影響や浮世絵について話してくれないかという事でした。 これは、私には荷が重すぎる話で、浮世絵やジャポニズム、印象派などの画家たちに与えた影響は誰でも知っている程度のことしかわたしも詳しくは語れません。

また、私のつたない英語と彼女の日本語の能力からも、とても深い、意義ある話はできないだろうと思い、そうお伝えしました。

ただ、摺師の沼辺さんは、浮世絵関係の美術館とも懇意なので、その筋から、もしかしたらふさわしい研究者をご紹介できるかもしれないとも言っておきました。

 
No.4306 2017/11/16(木) 17:22:55
岡本流生  
Re*4:いい話 返信
昨日は後援会長さんからもお電話をいただき、これも、来年個展をしないかという話でした。 こちらはまだ話が固まったわけではないのですが、皆さんがいろいろ動いてくださるのには、本当に感謝の言葉もありません。


来年の予定は、これまでは3月の紙の博物館だけが決まっていました。 あとは、もしかしたら、四国でやるかなぁと言った程度。

それが、どうやらいくつかの個展も入りそう。 特に、創造館は展示会場がこれまでで一番広いので、70点、もしくはそれ以上の作品を飾れそうなので、こちらも力が入ります。



 
No.4307 2017/11/16(木) 17:29:46
岡本流生  
Re*5:いい話 返信
来月の2日3日は年賀状教室。 その準備もあるなぁ。今日は飯田の本屋さんで年賀状の図案集を買ってきました。

下絵は参加者が各自で用意することになってはいるのですが、これまでの経験では、準備してこない方もけっこういたので、そのための下絵集をコピーしておくのです。


今日はこれから公民館へ。 今期のかぼちゃの試食会。そして来期のまくべき種の選別です。

朝夕の冷え込みがまた一段厳しくなりました。
No.4293 2017/11/09(木) 18:05:00
岡本流生  
七五三 返信
久美ちゃんからメールがあり「K君が、やっぱりじいじの教え方は上手でわかりやすい」と言っていますと。 お世辞でもうれしいし、あまり嫌がってないようならこれも嬉しい。

妹のEまちゃんは今年七五三のお祝い。 女の子だからきっとおしゃれするんだろうなぁ。


話は代わり、NHKで放映された「小さな旅」 清内路には上と下の両集落に手作り花火の伝統が残っています。でもテレビで取り上げられたのは下清内路の花火だけ。

上の人の中にはなぜ下だけと不満を持つ人もいるかも知れません。なぜ下なのか、これはNHKが決めたことなのでしょうが、私なりにそのわけを考えてみました。 正しいかどうかは分かりませんが。


まず、下の会場は狭く、境内一面が滝のごとく降り注ぐ火の粉に覆われいわゆる「絵」になる。 また、「絵になる」画像と言う点では、境内の鳥居や枝垂れ桜のシルエットが吹きあがる火の粉の中に鮮やかに浮かび上がるのもまさにそう。


さらには、番組の中でも触れていた「出づくり」の習慣は下だけで上では見られないことも、下が選ばれた理由としてあるのかなと思います。

 
No.4297 2017/11/11(土) 17:47:38
岡本流生  
Re*4:七五三 返信
はい、今日の仕事はおしまい。一日よく彫りました。一夫さん、早速谷中安則に関する本を借りてきて読み始めたようです。 今度会うときには≪風船画伯≫の話で盛り上がりそう。

もう、新しい発見が。 谷中は飯田の名誉市民第一号の日夏耿之介と親しかったそうです。 飯田の美博の日夏の記念室には谷中に関する資料もあるとかで、こんど見に行くとも言っていました。
 
No.4298 2017/11/11(土) 18:00:48
岡本流生  
Re*5:七五三 返信
美麻のKさん、肩の痛みに悩んでいていろいろ試してみたようですが、一向に良くならないとか。 比登志さんから聞いたのですが、寒さで肩がよけい痛くなるようなら、冬の間はウガンダに帰るかもしれないと言っているとか。

お嬢さんのNちゃんはどうするのかなぁ。


話は変わってオークション。 ドイツのオークション会社からのメール。木版画専門のネットオークションで世界一のシエア。

話は、ここに5年ほど前に委託した作品のこと。まだ売れてない作品がいくらか残っています。 その作品を2割から5割割り引いた値段で最後のオークションにかけ、それでも残ったものは送り返したいという事でした。


その作品中にはこちらに在庫がなかったり、あってもニ三枚のものも含まれています。それで「割り引いてオークションに出すのはやめてそのまま送り返してほしい」旨、返信。

正直なところ、ここ5年で私の作品の価格も上がり、国内の個展の時に販売できればそれが一番いいと思っています。
 
No.4299 (修正済) 2017/11/12(日) 09:37:58
よしふ  
Re*6:七五三 返信
#美麻のKさん、肩の痛みに悩んでいていろいろ試してみたようですが、一向に良くならないとか。

先日 テレビの今日の健康で 50肩がなぜおきるかで 担当の医師が 肩周辺の血管が老化現象で少なくなり それが原因のひとつではとの説明。腕の重さは、五キロくらい 常にその重さが肩にかかってます。 僕は、10年くらい五キロのダンベルで肩の周辺の筋肉を鍛えてます。その影響か 肩の具合は今のところいいです。痛いときに、鍛えるのは一歩間違うと取り返しがつかないので お勧めできないですが。足のふくらはぎを 鍛えると全身の 毛細血管が増えるそうですので 長期戦で試しても 良いかも知れません。ちなみに これも10年くらい続けてます。 時々風呂上りに自分のふくらはぎを見ることもあるのですが 心臓のように 筋肉がぴくぴくと不随筋のように 動いています。第二の心臓といわれますが 鍛えると 確かにその意味が解ります。

ダンスで忙しく ドライブのお誘いができませんが また天気のいいときにでも お誘いしますね。
 
No.4300 2017/11/12(日) 17:28:47
岡本流生  
Re*7:七五三 返信
よしふさん、お久しぶりです。美麻のKさんのこと、ご心配頂きありがとう。ただ、Kさん、医者からは手術を勧められているとのことですから、ただの50肩ではないのかなと。

よしふさんのアドバイスは、私の役に立ちそうです。良い事を教えて頂きました!!

ダンス、腕を上げ女性からのお誘いが頻繁のようで何よりですね。私もダンス習おうかな??

ドライブ、暖かくなったら誘ってください。楽しみにしています。
 
No.4301 (修正済) 2017/11/12(日) 19:44:45
よしふ  
Re*8:七五三 返信
#ダンス、腕を上げ女性からのお誘いが頻繁のようで何よりですね。私もダンス習おうかな??

僕の場合 無料の月二の 講習があり 何も考えず始めたのですが
女の人の性格がものすごく良くわかります。今 体を鍛える良いモチベーションになってます。 下半身の強さと股関節の柔軟がすごく必要です。先生の場合経験されてるから 釈迦に説法かな 笑
レスをすべて読む
No.4287 (修正済) 2017/11/08(水) 15:39:18
岡本流生  
心、木石にあらずば 返信
朝目覚めたときからこの時間まで、心は幸せに満たされた一日です。こんな日が今までにもあっただろうかと考えるほどの。


この、静かにあふれ出ようとする泉のごとき幸せはどこから来るのか? 考えるまでもなく、私には思い当たることがたくさんあります。そのことを書いてみます。


昨日は暖かい一日でした。 秋晴れの下、紅葉を楽しみながら友人の竹内さんご夫妻とドライブへ。

目的地は170キロほど離れた北信?の須坂市。 ここの須坂版画美術館を訪れました。初めての訪問です。 


版画美術館という名前ですが、展示されていたのは木版画だけ。どうやら個人のコレクター兼版画家兼お医者様が蒐集し市に寄贈された木版画中心の美術館の様でした。

明治期から昭和初期ぐらいまでの近代の作品には創作版画草創期の素晴らしいものが多くありました。


ある展示室では、右側の壁面には谷中安則の作品が並び、反対側の壁には川上澄生の作品が・・・しばし恍惚に包まれて・・。これで田中恭吉があったら・・・「幸せーーー」って、叫んだかも。

その後は、安曇野の岩崎ちひろ美術館へ。 展示作品も良かったし、野外に置かれた≪トットちゃんの電車教室≫もすごく良かった。


更には帰りがけにラドン温泉により日帰り入浴も。 この温泉が効いたのか、入浴後はあの筋肉痛もすっかり収まったのでした。




 
No.4288 (修正済) 2017/11/08(水) 16:06:43
岡本流生  
Re:心、木石にあらずば 返信
ご一緒した竹内さんご夫妻はわたしがこちらに来てから知り合った方です。 私の≪応援団長兼広報部長≫もやってくださっています。


ご主人の一夫さんは、私と知り合ってから木版画に興味を持ち始めた方で、それまでは古美術、焼き物、書などを中心に集めてこられた方。

この一夫さん、とても勉強熱心な方で、今では吉田博、吉田遠志先生の作品については私以上によく知っています。 それだけではなく、私が名前を挙げたりした木版画家については、すぐに調べて勉強しています。

 彼との版画の話、そして奥様の惠子さんとは水彩画や日本画、油絵、彫刻の話と、飲みながら素敵な話ができる大切な仲間に出会えたのも、ここ信州に流れ着いたからこそのこと。



思えば、横須賀時代は日々塾の仕事に追われ、心休まる時の無い暮らしでした。 早朝から、その日教える学年の教材の準備。

テスト前などは、子供たちが学校からもらう「テスト範囲表」を細かく点検しながら、「ここは皆十分理解しているだろうか」 とか「この問題はもう一度授業でやったほうがいいだろう」とか考えながら、英数国理社の5教科の教材を用意します。

さらに・・・音楽、技術家庭科、体育、美術の技能4教科の過去の問題もテスト範囲に的を絞りプリントを配布できるように準備します。

早朝から教室に入る夕方までその作業に追われる日も多く、急き立てられるような気持ちで心身ともに消耗しきり、ボロボロのパニック状態でした。


今は・・・・もうそんなことはありません。 穏やかに満ち足りた日々。制作の時間も十分取れる幸せ。
 
No.4289 2017/11/08(水) 16:49:20
岡本流生  
Re*2:心、木石にあらずば 返信
幸せに満たされているわけの続きを。


実は昨日のドライブでは、いつもそうなのですが、車の運転は行きも帰りも一夫さんが。その間私は車窓からずっと山並みを見ていました。

 それと言うのも、最近再開した芒の版画の背景の山並の処理に悩んでいたからです。色見本を作りはしたのですが、山の連なりが単調な気がしていました。


それと、近景から遠景へと三重に連なる山を全てぼかしで描いたのも、何か弱くも物足りなく感じたのでした。


単調で弱くて物足りない。これでは作品になりません。それで、ドライブ中は山の形、連なり、そして色に留意して見たのでした。


まず形、南アルプス、中央アルプス、そして北アルプスと目の前に次々に現れる山は、私が描いたよりももっと凸凹で野性味と力強さに溢れていました。

色については、帰りの日ももう落ちようとする頃の空と山の色が、強さも美しさも備えたものでした。



今朝はその記憶をたどりながら、色見本を最初から描き直し。そして、できた下絵は「これなら良い作品になること間違いなし!」と自信を持って言えるもの。画面は強く引き締まって、最高にいい気分に!


ただ、色だけではなく形にも手を加えたので、何版かは彫りなおすことになります。 さらに新たな版も必要になります。 でも、先が見えたこと、これが嬉しい!!


明日から版の直し、張り切ってやり抜くだけ。


そうそう、木もいくつか紅葉がきれいで形の良いものを写真にとりました。これは今構図をラフスケッチしている初恋シリーズの参考になります。 主役の少女がもたれかかる木の。

 
No.4290 2017/11/08(水) 17:15:57
岡本流生  
Re*2:心、木石にあらずば 返信
NHKの「小さな旅」。清内路の花火が紹介された番組を今日見ました。これも竹内さんがDVDに録画してくださったものです。


山間の人口400人ほどの小さな集落。ここに江戸時代から伝わる「奉納手作り花火」の準備段階から最後の花火が上がるまでを二か月近く取材してまとめたものです。


画面に出てくるのは皆良く知った人ばかり。 花火の「囲いやぐら」を地区民総出で組み建てるシーンには、短い時間ですが私も映っていました。


更に見物客の中には竹内さんご夫妻の姿も。 老いも若きもみな一所懸命な姿、素晴らしいコメント! 確かに「花火」がこの小さな集落に人を呼び込む魅力になっているのが分かります。


「煙火有志会」の会員が滝のように降り注ぐ火の粉の中で肩を組み「気負う」姿の何ともりりしく感動的なこと!

花火づくりのつなぎに映される村の自然、暮らしも、画面を通してみると「こんなにも良いところに自分は住んでいるんだなぁ」と改めて気づかされます。 美しくゆったりと時間が流れている里山の暮らし。


勿論、一見長閑なこの山里にも、いくつもの心配な問題はあります。発電所ができる。リニアのトンネル工事の残土が出る。高齢化が進み空家が増える・・・・


それでも、まったくの偶然からこの村に住むことになったこと、この人生の幸運には本当に感謝しています。 振り返ると、長い人生、いろいろな転機がありました。その都度私を「幸運」へと導いてくれた、何か「大いなる力」の存在を思わないわけにはいきません。
 
No.4291 2017/11/08(水) 17:41:45
岡本流生  
Re*3:心、木石にあらずば 返信
朝、幸せな気持ちで目覚めたのにも訳があります。

久しぶりに妻の夢をみました。もしかしたら、覚えていないだけで、毎晩見ているのかもしれませんが。

横須賀の最後の家の玄関で、お刺身のお大盛を届けてくださった≪会長≫なる中年の男性を二人で迎えている場面。

その男性に心当たりはないのですが、妻は涙をを流さんばかりに喜んでいます。 そんな妻の姿を横で見ている私も、「妻がこんなに喜んでいる」 「きっと勤め先の大切な人なんだろうな」と一緒に喜んでいるのでした。


夢の中の妻は40代前半? 以前なら苦しい夢のはずなのに、私は本当に幸せな気持ちに満たされ目覚めたのです。 自分でも「ここへ来てからずいぶん自分は変わったな」と思うのですが・・・


竹内さんがフェイスブックに版画美術館とちひろ美術館の様子をUPしてくれたのでシェアしました。 また、「心に届く良い言葉」もUPされていたのを、自分自身に言われているような、そんな気がして、これもシェアさせていただきました。

リンクをつけておきます。

https://www.facebook.com/ryusei.okamoto.18

 
No.4292 (修正済) 2017/11/08(水) 17:49:15
岡本流生  
Re*4:心、木石にあらずば 返信
最後にもう一つ、この幸せの理由を。

それは教え子の智くんから新米30キロがとどいたこと! これでまた半年、お米の心配をしないで済みます。 ありがとう!!

これは、もう何度も何度も書いたことですが、私は本当に良い教え子、素晴らしい仲間や友人に恵まれました。これからは自分が支える方にならねば。


この身は木石にあらず。この心も木石にあらず。 ならば、喜びも悲しみも皆背負って、これからも泣いたり、笑ったり、時には怒ったりしながら生きるしかありませんね。

No.4281 (修正済) 2017/10/31(火) 17:53:13
岡本流生  
先を越された?! 返信
朝方の部屋の気温は5度。寝床から抜け出るのに一瞬躊躇しました。

ここずっと、昼寝の時間を除き、朝から晩まで座りっぱなしで仕事をしてきました。 版を押さえる左手も肩から胸にかけて筋肉痛が収まりません。


長時間の座り仕事は血流に悪い影響があるとも聞いていたので、息抜きと運動を兼ねて少し山道を歩くことに。

途中、古民家の解体現場の横を通りました。話は聞いていたのですが、持ち主(地元には住んでいない)が、空家が将来子や孫の負担となる事を心配して取り壊すことにしたのでした。


話は変わって温泉! 先日山形の銀山温泉に行きたーーーいと書いたばかりなのですが、大町の彫刻家の吉川さんのブログに「行ってきました」と!!


それも銀山温泉だけでなく、青森の酸ヶ湯、乳頭温泉の鶴の湯、松川温泉にも!!!!

ご夫婦で! 正直うらやましい!!

ブログのリンクです。

http://www13.plala.or.jp/masamiyo/hitori.html



 
No.4282 2017/11/02(木) 17:30:58
岡本流生  
Re:先を越された?! 返信
寒いのは朝方だけ。晴れた日の日中は日差しが入り仕事部屋は23、4度まで暖かくなります。 仕事は筋肉痛をのぞけば順調。芒の作品、(題はまだ決めていませんが)も、あと一日で彫り終えます。その後は色見本を作ること、そして帆船の残りの色版を彫ることかな。


明日三日は飯田のお祭り。午前中の塾を終えた後行く予定。コスプレ−ヤーの集まりもあるとかで、何か次の作品を考える刺激・出会いになればと期待。

チラシでは南信州の美味いものの屋台が出るようで、これも楽しみ!!!
 
No.4283 2017/11/02(木) 19:01:48
岡本流生  
Re*2:先を越された?! 返信
清内路の花火がNHKで放送されます。以下は清内路振興室のブログより転載


小さな旅 - NHKで清内路の花火が取り上げられました。
良かったらご覧ください(^^)
放送時間と見ることが出来る地域がまちまちのようです。
下記の通りですので参考まで
11/5日 8:00〜8:25 総合
※全国放送。ただし、北海道、愛知、岐阜、三重、九州沖縄では流れません
11/6月 11:05〜11:30 総合
※全国放送。ただし、関東では流れません
11/11土 朝5:15〜5:40 総合
※全国放送
11/17金 夜7:30〜7:55 総合
※長野県内のみの放送

是非見ていただきたいな。
 
No.4284 2017/11/05(日) 17:15:00
岡本流生  
Re*3:先を越された?! 返信
3日の文化の日は気持ちの良い快晴でした。 飯田のお祭りも賑やか、久しぶりに人混みの中に身を置いた感じ。

コスプレ、フィギャー、ドール、痛車、大道芸と言ったサブカルの大集合。 いわゆるオタク世界の街中での第発表会。 普段は肩身の狭い思いもしているのかなと想像しているのですが、この日ばかりは主役。

注目と言うスポットライトを浴び、皆いきいきとして楽しい笑顔になっています。 女装趣味の者も、仲間を得て堂々とパレード。写真もたくさん撮りました。ただ・・・・次の作品のヒントや触発される被写体には出会えなかったかな。


夜は竹内家でおでんを囲み楽しい夕食。よく食べよく飲みました。 一夫さん、惠子さん、ありがとう! 昼寝なしで祭りではしゃいで、8時に寝てしまいましたが、ご勘弁を!


 
No.4285 2017/11/05(日) 17:22:10
岡本流生  
Re*4:先を越された?! 返信
NHKの「小さな旅」清内路の花火。公民館で観そこなったのですが、録画をお願いしてあるので、その内観ることができるでしょう。


中学一年生の孫のK君、今日から彼の勉強を見ることになりました。スカイプを使って1時間ほど数学の授業。なかなか効果的にできました。

今後は週二回程度、1回1時間ぐらいの授業をしていこうかなと。科目は数学と英語が中心かな? もちろん他の科目も分からない事が有れば教える予定。

私自身のボケ防止にも役立ちそう。

 
No.4286 2017/11/05(日) 17:32:46
岡本流生  
Re*5:先を越された?! 返信
二日ほど版を彫る仕事はお休みしました。 それでもまだ筋肉痛は収まりません。 そんなわけで今日は少し頭の中に浮かんだ構想をラフに画いてみました。もう少し描き込めば、次の作品の下絵になりそうな気もするのですが・・・

明日、もう一度挑戦することにしましょう。 明後日は遠出のドライブ! 温泉にも立ち寄ります。 紅葉を見がてらの良い旅になりそう。



[前の5件] [Reload] [次の5件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング