閉じる

掲示板
URL:
      だいめい
      おなまえ
      めーる
      ほーむぺーじ
      ぽーむぺーじのurl 
  ブラウザに情報を記録する
     


[前の5件] [Reload] [次の5件]

No.4625 2018/07/07(土) 18:06:57
岡本流生  
大雨 返信
各地で大雨の被害がでています。 この地域は山に囲まれた土地なので土砂崩れが心配。 幸い、清内路はまだ大丈夫ですが、横川では車が滑落したと聞きました。

下絵の清書は終わりました。 明日版木に糊で貼り付けるつもりですが、これが意外と緊張する作業。 薄い美濃紙にしわが寄らないよう、ずれたりしないように気を使います。

早ければ明後日から彫りに入れるでしょう。 久しぶりの桜の版木。時間はかかりますが好きな作業です。

今日は午前中に飯田の美博まで友人のグループ展を見に行ってきました。 油彩画。 デッサンも展示してありとても良かった。 雪の上の足跡の絵は私も以前描いたことがあり特に惹かれました。

横須賀のOBからメロンが届きました。 毎年毎年本当にありがとう!! 懐かしい横須賀の味を思い出と共に楽しみますね。


比登志さんが千葉から安曇野の病院へ転院。 長野に帰り比登志さんも喜んでいると精子さんからの電話。ただこの病院も8月の末には出なくてはいけないのだそうです。

患者をたらいまわしにする今の日本の医療の現状、どこかおかしい!!

 
No.4628 2018/07/12(木) 17:43:44
岡本流生  
Re*3:大雨 返信
やっぱり、桜の版の彫り、好きだなぁ。一日中でも彫れそう。ただ・・・指がパンパン。

彫ながらいろいろな物思い。 そして・・・旅に出たくなるのは、この時期に感じるいつものこと。
 
No.4629 2018/07/15(日) 17:25:09
岡本流生  
Re*4:大雨 返信
暑いーーーーーーー

二階の仕事部屋の温度計は35度! ようやく34度まで下がったところです。

さすがにこの気温では好きな彫にも集中力が続きません。

あすは今日よりもさらに暑くなる予報。 兄は山のガイド。私はかぼちゃの作業です。 こまめに水分を摂るようにしないと倒れそう?

 
No.4630 2018/07/16(月) 17:20:56
岡本流生  
Re*5:大雨 返信
今日のかぼちゃも激暑でした。 日陰の無い山の畑。 かぼちゃの畑を這いつくばって作業。ここ半月で着果したしたものに黄色のテープで目印をつけて行く仕事。

6人で午前中かけての仕事になりました。 しかも、この畑で昨日マムシもでたので、手元、足元に絶えず注意しながらで、気も使いました。

ただ、畑には二か所水道が来ていて、暑くてどうしようも無くなると頭から水を被り冷たいタオルで体もぬぐえるので、それが救いに。

温泉に行って汗を流し午後は版画の彫。 今日は下で仕事。というのも二階の仕事部屋は35度。階下は31度。この違いは大きいので。

今取り掛かっている新作。大正ロマンそのまま。 仕上がったら、ちょっと考えていることがあります。

 
No.4631 2018/07/17(火) 16:49:39
岡本流生  
Re*6:大雨 返信
クタクタのよれよれ。扇風機の風の当たりすぎ・・?
 
No.4632 2018/07/18(水) 17:47:10
岡本流生  
Re*7:大雨 返信
今日は昨日よりさらに暑い!!!

クタクタのよれよれに加えて今日はべとべとも。 あらぼりが終わりました。ちょうど10日かかったことになります。

今、彫り上げた版の線を確認するために油性の黒を載せました。顔の表情も構図もいい感じで満足。

明日は安曇野まで比登志さんのお見舞いに行ってきます。続きのなかぼりは明後日からに。

安曇野の病院までは2時間半もあれば行けそうなのですが、面会時間が3時からで、それに合わせると電車の(乗り換え時間も含めて)4時間半ぐらいかかりそう。

来月11日から17日まで息子家族が来てくれます。 楽しみ楽しみ。

レスをすべて読む
No.4619 (修正済) 2018/07/03(火) 18:18:45
岡本流生  
モネの池 返信
一夫さんの運転でお隣岐阜県関市のモネの池を訪れました。
兄、惠子さんも交えての四人、楽しいドライブ!

写真では見ていたのですが、実物も良かった! 是非版画にしたいものだと思いました。睡蓮、オモダカ、錦鯉。湧き水の清冽な色、水面の波紋。

版数も20以上使っての本格的な作品。そうなると・・・・最低でも4か月はかかるかな?でもイメージ通りに作り切ることができれば・・・・私の風景作品の代表作にもできそうな・・・

ただ・・・下絵から摺りまで、かなりの≪力技≫がいると・・・

一夫さん、惠子さん、今日は本当にありがとう!!

余談ですが、法師温泉、北温泉、銀山温泉・・・このうちのどれかにいつかご一緒できれば最高です!!



 
No.4620 (修正済) 2018/07/05(木) 17:28:53
岡本流生  
Re:モネの池 返信
禁断症状。何のかというと美代ちゃん的に言うと≪ホルモン中毒≫の。これ、木版画家に多く見られる症状で、≪彫る物≫が切れるとイライラとして落ち着きがなくなるのです。


「とにかく彫りたい!」 「桜の緻密な板に!」 「思いっきりデリケートな線を!」 

というわけで・・・今日は一日雨…じゃなくて・・一日≪彫るもん≫を得るための下絵描き。 大正ロマンの女性像。 カフェの女給さんで白いエプロン姿。まあ、メイドカフェの元祖レトロ版。

元絵があって、それはシリーズ初恋・十七番「赤き唇」。この作品、大作でかなり時間をかけたものなのですが・・・今一つ顔の表情が・・・満足できない。

そのため。創造館の個展でも展示リストから外したのでした。それをもう一度作りなおそうと。 思えば初恋シリーズ五十四番の「君に捧げる哀歌」も彫りなおしたもの。 元絵は顔が思い通りに彫り上がらず墨版だけで終わっていたお蔵入りの作品。

この「君に捧げる哀歌」は小品ですが、私のお気に入りの一つです。それもあきらめずに最初のイメージをしつこく追及したからできたもの。

今回の「赤き唇」のリメイク版も、サイズは小さくなり。衣装のデザインも変わり、バックも変わります。 もちろん顔、髪型も。

下絵の下絵ですが、今日一日でほぼ描きあがりました。 あと一つどうするか? 描き加えるか?止めておくか?というバックの処理が残っていますが。

 
No.4621 (修正済) 2018/07/05(木) 17:46:26
岡本流生  
Re*2:モネの池 返信
早朝から集中して下絵を描いていたのですが、昼頃になると、こんどは別の禁断症状が・・・・

それは・・・「なんか甘いものが・・・無性に・・・食いたい!!」

外は、どしゃぶり。 それでも身体が餡子を欲しがって・・・ぶるぶる震えだし(これはうそ)・・・

結局傘を差して雨の中農協のお店まで。最中、桃山、栗饅頭、小豆羊羹、漉し餡パイ、、苺ゼリーの入った「お好み甘いもの詰め合わせ」を 315円なりでゲットしてきました。

一口、二口、三口・・・と立て続けに食し・・・気持ちも落ち着きを取り戻したところで、一度お昼寝・・・


さて、話は代わり「モネの池」 撮ってきた写真やメール添付で頂いた写真の何枚かをプリントアウトしました。 今は、時々眺めては、構想を練っています。

更に話題は代わり、夏休み。 久しぶりに学童保育の仕事も入りそうです。 塾のOBも訪ねてきそう。孫のK君も「特訓合宿」に来るかな?

 
No.4622 2018/07/05(木) 18:24:36
岡本流生  
Re*3:モネの池 返信
今さっき聞いた村内放送。 清内路と昼神の間の国道に架かる橋が午後9時以降通行止めになると。

降水量が一定基準を超えたようです。 予報では明日も明後日も一日中雨。 私は買い物やお風呂に行けなくなるだけですが、阿智、飯田方面に通勤の人は困るだろうなぁ。

大雪以外で「陸の孤島」になるのは、私がこの地に来てから初めてのことです。

 
No.4623 2018/07/06(金) 15:24:28
岡本流生  
Re*4:モネの池 返信
橋の手前で通行を規制していますが、地元の車は通れるとのこと。どうやら陸の孤島化は免れました。


今日も下絵の続き。 あともう一つ背景に何か加えるかで迷っています。
 
No.4624 2018/07/06(金) 17:29:45
岡本流生  
Re*5:モネの池 返信
下絵はほぼ完成かな。 カーボン紙で版木に転写するならこのままでいいのですが、今回は和紙に描いた下絵を版下として使う伝統的なやり方で行こうかなと。


そのため、明日薄い美濃紙に清書。それを裏返して山桜の版木に糊付けします。
No.4614 2018/06/23(土) 17:42:02
岡本流生  
梅雨寒 返信
肌寒い一日でした。 午前中は清内路小の音楽発表会へ。歌や楽器の演奏、そして先生方のオペレッタも。 総勢十人に満たない5,6年生によるリコーダーや太鼓、鉄琴による「木星」の演奏は「よく頑張ったね」と声をかけたくなるほどの出来でした。


午後、精子さんから電話があり、病室の比登志さんと話をすることができました。前回話をしたのはひと月ほど前。その時と比べるとずいぶんとしっかりとした話ができるようになったなと感じました。

「裁判や絵のことで相談したい事が有る」とこれは精子さん。後日ゆっくり話を聞くことになりました。


 
No.4615 2018/06/23(土) 17:52:29
岡本流生  
Re:梅雨寒 返信
紙の博物館の平野さんから≪木版画の美 その2≫展の詳細な報告が届きました。 正味67日間の来場者数は11876名。 一日平均177人。 新聞を含むメディア掲載件数は21件。なかなかの盛会だったそうです。

会場の様子を紹介するDVDも同封されていました。 紙の博物館では去年、今年と自作作品を展示していただきながら、一度も会場に行っていないので、DVD による記録を頂けたのは嬉しいこと。

再来年、紙博は70周年を迎えるそうです。 その時にはまた新たな企画展示を考えているとのことでした。
 
No.4616 2018/06/23(土) 18:07:26
岡本流生  
Re*2:梅雨寒 返信
やっとダニに刺されることが無くなりました。下の部屋と上の部屋で同時にダニアースを焚いたのが効いたのかも。ひどかった手の腫れも引き、どうやら彫刻刀も持てそう。


猿見回り隊の隊長の妹さんが職場で黒猫の子猫を保護してきたそうです。猫好きの私ですが、特に黒猫にはもうメロメロ。今度見に行く約束をしました。


個展での話を。 会場であらためて気づいたこと。 それは「人は話してみないと分からない」と言う事。難しい顔をして観ている一見怖そうな方も、話しかけると嬉しそうに話しだすことが有るのです。

本当は「話しかけて欲しいな」と思っているのですね。そんな方もこちらが声をかけなければそのまま無言で会場を後にするのだと思うと、今後の個展での良い教訓になりました。

 
No.4617 2018/06/27(水) 09:53:09
岡本流生  
Re*3:梅雨寒 返信
昨日は楽しい一日でした。 一夫さんは兄よりも年上なのですが、体はスマート、運転大好きでフットワークも軽快。 お陰でご一緒にいろいろな処へ遠出させていただいています。


昨日回ったのは二か所。どちらも阿智村内ですが山道の距離はだいぶあります。 まずは西のはずれのギャラリーまで写真展を観に。

その後は横川の渓谷美術館まで。ここにはオーナーの小林さん(友の会会長)のご厚意で私の作品コーナーも作られています。

まあ、その美術館の気持ちの良いこと。 展示室には囲炉裏もあり、炉端に座り窓の外の緑の山々を眺めるだけでも癒されます。
 
No.4618 2018/06/27(水) 09:56:38
岡本流生  
Re*4:梅雨寒 返信
先程の村内放送で清内路での熊の目撃情報が流されました。 聞くと、熊が出たのはいつも私がかぼちゃや椎茸のほだ場に通う道!

これまでで一番近い場所での熊の出没。 気を付けねば!
No.4608 2018/06/14(木) 07:08:26
岡本流生  
個展を振り返って 返信
飯田創造館での個展も終わりました。その個展の総括を。

まず思ったのは、人の縁の大切さ。これについては今までも書いてきたのですが、あらためて≪人は独りでは生きて行けないんだな≫と。

それから、一版多色版画。個展の始まる前は、みなさんがどのように見てくださるか心配と興味がありました。 結果は・・・予想以上に好評でした。 今後も制作を続ける大きな励みです。

≪作品はやはり心で描くもの≫ 見てくださる方が、作品に込めた私の想いをちゃんと受け止めてくれているんだなぁと感じることが何度もありました。 嬉しいことです。

つづく

 
No.4609 2018/06/17(日) 16:51:58
岡本流生  
Re:個展を振り返って 返信

個展の事後の仕事もだいぶ片付きました。明日、お借りした最後の作品を送り出せばほぼ終わり。

一夫さんが、個展の様子を撮った写真をCDに焼いてくださいました。明日かぼちゃの作業が終わった後ゆっくり見てみようと思います。


 
No.4610 2018/06/19(火) 16:45:43
岡本流生  
Re*2:個展を振り返って 返信
昨日の午前中は部屋のかたずけ。個展から戻った120点の額をきれいに納めるのに苦労しました。

午後は激しかった雨も上がり嘘のような青空。日の暮れるまでかぼちゃ畑で作業。

今日、やっとゆっくりとした時間が取れたので、一夫さんから頂いた個展の様子を記録したCDを観ました。

これがすごくいいのです。 一人の来場者になったかのようにカメラは会場の建物の正面玄関から記録を始めます。後は会場の立て看板、玄関奥の案内の看板へと。

歩みのまま初めのふれあいギャラリーへ。 1点1点を順に映し出し、また東西南北の展示壁全体の写真も。


その後は通路左右の展示から、主会場の301号室へ。 対の作品は1点1点の写真の後には必ず対での写真も。実に親切丁寧な取り方。

更に嬉しかったのは版木や下絵の資料もですが、やはりギャラリートークの様子を写した写真が多いことでした。 私は人の顔と名前を覚えるのが苦手。 この写真はそれを覚えるのにとても役立ちそうです。


写真の記録の最後は、竹内家での打ち上げの様子も入っていて至れり尽くせり。これは本当に素晴らしい記録、宝物!

一夫さん、ありがとう!!!!

話は変わって、ぐっと情けない話。 ダニが・・・

ここ二日続けて刺されています。それも手の甲ばかり。 OBが送ってくれたダニアースがまだあるので今日これからでも焚こうかなと。
 
No.4611 2018/06/21(木) 17:59:48
岡本流生  
Re*3:個展を振り返って 返信
昨日今日と急な来客。片付けも少しやりました。沼辺さんにここ40日ほど集中して私の作品を摺ってもらった摺賃を送金。個展での売り上げのほぼ半分。

最新作の金魚とオタマジャクシの版画(題は未定)も仕上がってきました。 良いようなそれ程でもないような、評価に困る作品です。

ともあれ、これまでの作品とは毛色の違う事だけは確か。 で、今回3作品の摺上がりで感じたのは、和紙はやはり最高のものを使わねばダメだと言う事。 値段は倍しても楮70%の物はやめて100%を使おうと、沼さんとも意見が一致。

明日から摺り上がった作品に少し手を入れ次回以降の色見本をつくるつもりです。


 
No.4612 2018/06/22(金) 18:16:27
岡本流生  
Re*4:個展を振り返って 返信
梅雨の晴れ間。貴重な一日。布団も干しました。

兄も夕方までフリーと言うので、二人で横川まで山道のドライブへ。丁度摺り上がった新作「横川郷 初夏」を額装したものを持って。

この絵は横川渓谷ギャラリー横の池の金魚、オタマジャクシを描いたもの。これをギャラリーに寄贈しようを言うわけです。

事前に連絡を入れておいたので、オーナーの小林さん(友の会会長)もギャラリーに見えていました。 そこで地元の女性お二人(そのお一人は兄も良く知る方)も交えて炉端でアイスコーヒーをいただきながらの楽しい会話。

久しぶりに伺ったギャラリーは外装の一部と内部が改装されて一段と気持ちの良い空間になっていました。

聞くと、お客様の一人がアクセルとブレーキを踏み間違えギャラリーに突っ込んだのを機会に綺麗に改装したのだと。

横川の集落、現在住んでいるのは11名。 静かな静かな山の秘境。道を歩くと庭や生垣に花が生い茂っていますが住まいは無人。

散策しながら胸いっぱいに溢れてくる≪今ここに自分がいると言う奇跡、その幸福感≫を楽しみました。


 
No.4613 2018/06/22(金) 18:23:46
岡本流生  
Re*5:個展を振り返って 返信
重要無形文化財保持者(人間国宝) 越前生漉奉書の漉元 岩佐市兵衛 。紙をここに頼むことにしました。

これまで越前でもナンバー2の方に注文したことは何度もあるのですが人間国宝の方に頼むのはこれが初めて。

価格は高く、納品までの待ちも長いのですが、兎に角もう勢いで頼みました。 これで創造館の個展の売り上げは全て使い切ることに。 まあ、買えるだけでも良しとしましょう。
No.4602 (修正済) 2018/06/03(日) 18:21:29
岡本流生  
檜舞台 返信
創造館の個展、搬入は明後日です。 実行委員の方々が汗を流して準備してくださった「檜舞台」 私のベストを尽くして臨みます。

事前事後の反響も気になるところですが、昨日、今日と「会場で作品を購入することはできますか」と問い合わせの電話をいただきました。

お二人とも県内の方でしたが、かなり遠方。 チラシを見ての問い合わせでした。 どこかの美術館ででも見たのかもしれません。

準備は完了です。あとは、当日の天気が気になるところ。

 
No.4603 2018/06/05(火) 08:45:28
岡本流生  
Re:檜舞台 返信
さあ、いよいよ搬入の日! 南信州新聞が個展の予告記事を載せてくださいました。 チラシやポスターも実行委員会のかたがいろいろな処に配布してくれています。 事前の広報はじゅうぶんです。

今朝は、会場で対で飾る作品、組で飾りたい作品の仕分けをしました。展示要員は私を含め8人。人手もじゅうぶん。

あとは、午前中に「君は虹より美しい」が届くかどうかですね。
 
No.4604 2018/06/07(木) 07:19:55
岡本流生  
Re*2:檜舞台 返信
いよいよ今日から。 各誌の展覧会案内にも載りました。さあ、初日、どれだけの人が来てくれるのか。 全く見当もつきません。

横須賀時代の教え子の家族が来てくれる予定。 これは嬉しい!
 
No.4605 (修正済) 2018/06/10(日) 06:44:02
岡本流生  
Re*3:檜舞台 返信
ギャラリートーク、無事終了! あと3日!

ギャラリートークの様子です。

https://www.facebook.com/ryusei.okamoto.18
 
No.4606 2018/06/12(火) 07:44:45
岡本流生  
Re*4:檜舞台 返信
いよいよ最終日。疲れもピークですが、頑張ってきます。搬出作業も。でもその後は吉川さんも交えて竹内家で打ち上げ!
 
No.4607 2018/06/13(水) 18:23:24
岡本流生  
Re*5:檜舞台 返信
飯田創造館での個展も終わりました。 6日間の来場者はおよそ420人。一日平均70人ほどでした。 この数は創造館での個展としては多くも少なくもないようです。

土曜日のギャラリートークの参加者は32名。一時間自分の思いをしっかりとお話することができ、満足です。

来場者の多くの方がかなり熱心に作品や版木等の展示を見てくださいました。一時間は普通で二時間以上会場にとどまる方も多く見受けられました。

竹内さんの解説も好評で多色木版画への興味の高さも感じました。ここ飯田下伊那地区はこれまで多色木版画の空白地帯。多色木版の個展も初めてのことだったようです。

ともあれ、「銅版画王国飯田」の一角に「多色木版画」のくさびをしっかりと打ち込むことができたと思います。あらたな理解者やファンもできたかな。

実行委員会が長野県内39の美術館へチラシやポスターを送っていました。その内のいくつかの美術館の関係者の来場を期待したのですが、結果はどこからも見に来てくださる方はいませんでした。

ただ、最終日に地元飯田の美博(市立の美術館兼博物館)の館長さんが見に来てくださいました。今後の展開がどうなるかは私にも分かりません。でも、必ず何かの新しい展開があると信じています。

昨日は搬出作業の後実行委員長宅で打ち上げ。 手巻きずしを頂きながら大いに飲みかつ語り合いました。 今日以降しばらくは事後の仕事に追われます。明日はかぼちゃの作業もあります。

[前の5件] [Reload] [次の5件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング