閉じる

掲示板
URL:
      だいめい
      おなまえ
      めーる
      ほーむぺーじ
      ぽーむぺーじのurl 
  ブラウザに情報を記録する
     


[前の5件] [Reload] [次の5件]

No.4664 (修正済) 2018/09/11(火) 17:38:55
岡本流生  
コスモス 返信
秋桜の咲く季節となりました。風に揺れる清楚な姿、私の好きな花です。まあ、花だけではなく女性も清楚な人が好みなのですが。

という事で、コスモスの群生で有名な治部坂高原まで行ってきました。ミュー美術館で開催中の木版画展を見がてら。

標高千メートルを超える高原。秋桜にはまだ少し早すぎました。それでもここ連日彫りの作業にのめり込んでいたので、良い息抜きにはなりました。


 
No.4666 2018/09/11(火) 18:16:24
岡本流生  
Re*2:コスモス 返信
前回投稿した「喜寿を記念しての個展」 少し本気で考えようかな?と。 横須賀がいいか、鎌倉あたりでもいいのか? 東京の友人、教え子、中高時代の同級生にも来てもらいたいし・・・

で、話は「喜寿」 この字面を見ても自分のことだとはピンと来ません。 どこかの知らない爺さんの話のような・・・

まあ、若い気分でいても確かに来年は喜寿を迎えるわけです。嫌でも。

年齢と言えば最近見た夢。 その夢の中での私は44歳でした。なぜ分かったかというと、夢の中の私が「今日はこれから大学の授業を受けるから」と相手の若い男の子に言ったのです。

するとその子が「えーーー、その年で、私の二倍ぐらいの年齢ですよねえ」?と。 それに応えた私の言葉が「君が22だから、そうちょうど二倍だね」と。

いつも夢の中の自分は本来の自分よりかなり≪若い≫気がしていたのですが・・・・44だったんだ!
 
No.4667 2018/09/11(火) 18:26:18
岡本流生  
Re*3:コスモス 返信
ははは、直感は正しかった!「喜寿」はやはりどこかの爺さんの話だった! (まあ、私が勘違いをしていただけですが)

70歳は正しくは「古稀」ですよね。 古来まれかぁ。この時代では80、90で元気なの普通に思えるけど・・・
 
No.4668 2018/09/12(水) 17:40:29
岡本流生  
Re*4:コスモス 返信
今制作中の版画、やってもやってもまだ道半ばと言った感じです。

今日は猿見回り隊で二時間ほど山道を歩きました。猿には出会わなかったのですが、何か所か猪の掘った穴を見ました。運動会も近い事なのでいい準備運動になりました。


さて、糸魚川への一人旅、いくつかの理由で大町になるかも。優先順位はどうもそんな感じです。 自分のための楽しみは十月の乗鞍温泉があるし。

明日は一夫さんが見える予定です。
 
No.4669 2018/09/12(水) 17:47:28
岡本流生  
Re*5:コスモス 返信
今日のFBフレンドからのメール。 外国の女性の名前が書かれており、この女性はハッカーだから友達リクエストが来ても承認しないようにと。

幸いまだリクエストは来ていません。 ネットはとても便利なのですが・・・気を付けなくてはいけないこともまた多いですね。
 
No.4670 2018/09/14(金) 14:59:26
岡本流生  
Re*6:コスモス 返信
「三時のおやつはモンブラン!」 「三時のおやつはモンブラン!」頭の中で繰り返しいいながら、ハードな版に集中した数時間。

「掲示板読んだから」と笑いながら一夫さんが昨日持って来てくださったモンブラン!  しかも3つ!

昨日、一夫さんとお茶しながら早速一ついただき、夕食時の晩酌のつまみにまた一ついただきました。

で、最後の一つを午後のお茶の時にいただこうと。それまでは色版の中でも細かいデザインが散らばった一番、二番のハードで気を使う版に集中しようと。

おっと、3時だ!!!

いざ階下へ。
レスをすべて読む
No.4657 2018/09/05(水) 17:53:06
岡本流生  
あのケーキの名は??? 返信
縄文土器の表面や土偶の体に施された浮彫の模様。それを見ていたらふとケーキが食べたくなりました。 そのケーキ、栗色のクリームを細く絞りだして頭をトッピングしたもの。

えーーーーと、何て言ったかなぁ??  彫をしながら半日、頭はそのことばかり考えていたのに・・・どうしても思い出せません!

仕事は順調に進んでいます。 次の作品、初心に戻り菊池桂月の画格に迫る仕事をしたいなと。 一つ高みに登る!その一心で。


 
No.4659 (修正済) 2018/09/08(土) 17:55:30
岡本流生  
Re*2:あのケーキの名は??? 返信
モンブラン! 掲示板を読んだ友人知人や教え子たちから教えてくれるメールがありました。 そう、これ!! 東京国立博物館の縄文展のカタログの56,57ページの写真を見たら食べたくなること、請け合い!!

ここ一週間、何の予定もないので連日10時間からそれ以上の時間を版画に集中。最後には指が折れ曲がったかと思うほどの痛みも。

早朝からの仕事に元気に取り組むために晩酌も半合にしています。

明日はかぼちゃ忌。

 
No.4660 2018/09/08(土) 18:04:20
岡本流生  
Re*3:あのケーキの名は??? 返信
5時半ぐらいから彫り始め、昼前の十一時ぐらいになると頭の中は昼寝のことだけ。 蒲団に倒れ込みたい気持ちに。


孫の恵君は今日体育祭。 千葉の天気は晴れ。 頑張ったかな??

比登志さんが美麻に戻ったのが今月の一日。 一週間が過ぎました。美麻での3人での共同生活、いろいろなことが見えてくるころと思い精子さんと電話で話しました。

精子さんは前向きに、そして強気のことを言ってはいるのですが・・・前途はまだまだはっきりとは見えず多難な気がしました。
 
No.4661 (修正済) 2018/09/08(土) 18:15:28
岡本流生  
Re*4:あのケーキの名は??? 返信
流生モデル彫刻刀、やはり使いやすいなあ、と自画自賛。

あと、刃先を用途に合わせ自分で特殊な形態に研ぎだした刀、これも私のオリジナルですが、これが今回も大活躍してくれています。

特に≪Gペン≫のペン先のように研ぎだした二本は切れ味もよく、縦だけではなく横方向に刃先を動かしても彫れるので本当に便利!!


すごいなと感心はするけど心惹かれない絵があります。対してピカソの青の時代、赤の時代の絵は本当に魅力的。 悲哀、孤独、失意、哀愁・・・

私の絵にもそんな力が欲しい。
 
No.4662 2018/09/09(日) 17:43:12
岡本流生  
Re*5:あのケーキの名は??? 返信
「諏訪まで来たので寄らせてもらいました」と横須賀時代の教え子・智くんと拓成くんの親子が来てくれました。

一時間ほどでしたが懐かしい長井の話に花が咲きました。こうして昔の教え子たちが「先生」と言ってきてくれる幸せ!


二人が帰った後思ったのは、一度横須賀で個展をしたいなという事。そうすれば教え子たちとも会えるし、長井の様子を見に行ったり釣りもできそう。

そうなるとお十夜のころがいいなと、一人で勝手な想像を。来年の十月で私も70。 喜寿を記念しての個展? やりたいなぁ。

 
No.4663 2018/09/09(日) 17:51:59
岡本流生  
Re*6:あのケーキの名は??? 返信
美麻で比登志さん精子さんと共同生活をしている内山さんと電話で少しお話をしました。 彼女が一緒にいることで比登志さんたちの「山里生活」が成り立っているのは事実。

彼女の本音、この冬も一緒に暮らしていけそうか、そんなことをお聞きしたくて。

いろいろ感情の行き違いもあるかもしれません。 彼女だけに任せておくのもなんだか可哀そうな気もして・・・

レスをすべて読む
No.4651 2018/08/24(金) 17:46:29
匿名希望  
旅への想い 返信
涼しい一日で仕事もはかどりました。 転写の手順をこれまでのやり方と少し変えました。 シャープさ正確さが増したと思います。

版画を彫りながらも頭の中は「何処かへ旅したい」という想いでいっぱい。 秋、9月にでも日本海を見に糸魚川まで行くと、気持ちが固まりました。

取材も兼ねて大糸線で。 もちろん温泉も調べておかなくては。 楽しい計画です!

今月末には教え子が訪ねてくる予定も。


 
No.4652 2018/08/27(月) 17:56:32
匿名希望  
Re:旅への想い 返信
安曇野への遠出は実りあるものでした。良き出会いもありました。また気になっていたお預かりしている作品についての比登志さんの意思も確認することができました。

十月には再び乗鞍温泉で会おうと。

今日は一日中版画。暑かった!!
 
No.4653 2018/08/29(水) 17:51:17
匿名希望  
Re*2:旅への想い 返信
今しがたフェイスブックで見た「第十一代 大鹿村桜の女王」 うーーーん、いかにも大鹿ムラっぽくていいなぁ。
 
No.4654 2018/08/29(水) 17:58:03
匿名希望  
Re*3:旅への想い 返信
そうそう、さっき、猿見回り隊の隊長の家に行ってきました。 妹さんが拾ってきて飼い始めた黒猫を見に。

我が家にクロスケが来た時と同じぐらいの大きさ。 初めて見る私を警戒してテレビの後ろに隠れて、時々こちらを見ているのが可愛かった。

あと、安曇野からの帰り道、美ヶ原を遠望してのドライブ、いろいろ思い出してしまいました。

 
No.4655 (修正済) 2018/08/31(金) 17:38:44
匿名希望  
Re*4:旅への想い 返信
教え子来訪。 彼、みのちゃんは神奈川県警の警部さん。1300のバイクでさっそうとやってきました。


久しぶりに横須賀や塾のあった長井の最近の様子、他の教え子の近況などを聞きました。10月の花火にも来たいと。


今日のかぼちゃの作業はハードでした。 7月1日から15日の間に受粉したものを選んで収穫。 人手は前回よりさらに少なく、収穫するかぼちゃの数は倍!

コンテナに入れたかぼちゃを運ぶ作業、いい運動になりました・・・と言うか・・・なりすぎたかも。 明日、腰が痛くならなければいいんだけど。


 
No.4656 (修正済) 2018/09/03(月) 17:49:30
匿名希望  
Re*5:旅への想い 返信
一日、版画。今の仕事をしながら頭の中は次の作品のことで一杯。気力、意欲があふれ出るような日でした。

次は黒猫と少女。 私の代表作の一つにするべく思い切り集中したい! 抒情と凛としたもの、端正で惹き込まれるような世界、兎に角やらねば!

周りの仲間も皆それぞれに苦しみ悩みつつ制作していることを思えば、自分ばかりがぬるま湯にいて良いわけがありません。
No.4645 2018/08/07(火) 17:14:50
岡本流生  
一息ついて 返信
冬、あれほど待ち焦がれた春、そして夏。 でも、思い描いていた夏はさすがにこれほど過酷な夏ではなかった。

仕事部屋の窓の外をツバメが飛び交う。 強い風の中見事な弧を描いて飛び去るのはお父さん燕にお母さん燕。 風にあおられ、もたもたドタバタ横切って行ったのは巣立ったばかりの子ツバメたち。

日盛りの中、手押し車を押して畑に向かうおばあちゃん。 かぼちゃの大将のお母さんで今年92。そのおばあちゃんが今戻って来るのが見えます。 部屋の中にいて≪暑い≫だなんて言っている自分を反省。

今日は立秋。 吹き込む風もそう思うと心なしか涼しい??  明日は午前中かぼちゃ。 午後は今日の続きの色原稿つくり。


 
No.4646 2018/08/09(木) 17:37:25
岡本流生  
Re:一息ついて 返信
村の健康診断、学童保育、小学校のプールの見守り当番と盛りだくさんの一日でした。

明日はコインランドリー、風呂、買い出し。 版木が届いたので少しは仕事を進めたいなと思うのですが・・・・

「秋になったら、どっかへ汽車で一人旅」 そんな夢を前に据えて、いまはまだまだ厳しい残暑に耐えなくては。


 
No.4647 2018/08/10(金) 17:44:27
岡本流生  
Re*2:一息ついて 返信
室温は32度とこれまでよりも低いのですが、蒸し暑い!!

一日こまごまとした仕事を。 新作の色原稿、最後の最後で大きな修正を。 明日から一週間、長男家族が帰省します。

客間の8畳がしばらく仕事につかえなくなるので、明日の午前中に客間を使っての転写作業をやってしまうつもりです。

さあ、川に山に。 楽しいお盆になりそうです。

話は変わって夢。 夢は毎晩見ます。 何本も。 版画の下絵を描いている夢や版を彫っている夢がこのごろ多いかな。

これまでよく見た≪道に迷う夢・帰り道が見つからない夢≫はここ半年以上見ていません。 考えが前向きになった?
 
No.4648 2018/08/18(土) 18:10:52
岡本流生  
Re*3:一息ついて 返信
長男家族も千葉に戻り、いつもの静かな生活に。 今日は一日版画の仕事。まあ、この一週間の忙しくも楽しかったこと。

明日も一日版画。明後日は組のお葬式。その翌日は学童。

ここ数日はあの暑さは何だったのかと言うほどの涼しさ。おかげで仕事ははかどります。

昨日はかぼちゃの一回目の収穫でした。140個ほどを収穫できました。孫たちも伝統野菜保存会の会員に交じってかぼちゃ磨きを手伝ってくれました。
 
No.4649 2018/08/22(水) 17:53:19
岡本流生  
Re*4:一息ついて 返信
夏の暑さがふたたび。という事で「裸の大将」も復活。

今制作中の版画は衣服の中に13色。 墨線の無い各色が隙なくきちんと重なるように精密な転写を繰り返しています。

一版多色に比べるとやはり何十倍も時間がかかるなぁ。 一版多色と言えば一夫さんの縄文を題材にした(土偶?土器?)作品、進んでいるのか気になるなぁ。
 
No.4650 2018/08/23(木) 17:11:39
岡本流生  
Re*5:一息ついて 返信
やはり版画をやっている時が一番気分がいいなぁ。 段取りで頭を悩ますことはあるけど。

25,26で安曇野へ行く予定。 台風とその後の天気が気になります。

今日は午後飯田まで出て知り合いの若い子の個展を見てきました。自画像に惹かれました。

No.4639 2018/07/28(土) 18:16:04
岡本流生  
恵みの雨 返信
今日も一日よく彫りました。 台風が近づいているのか、久しぶりの雨。畑が潤います。

昨夜は神社の集会所で夏恒例の生ビール大会。 生の歌も入って楽しい夜でした。

明日は阿智の夏祭り。 子供神輿のお手伝いをします。

一夫さんに送った版木が着いたと連絡がありました。さてさて、どんな作品が飛び出すのか??  楽しみ。


 
No.4640 2018/08/01(水) 17:31:06
岡本流生  
Re:恵みの雨 返信
今日で墨版は摺れる段階まで来ました。 でも、ここからが私の拘り。まず線一つ一つの流れの調整。 そして≪版そのものの美しさ≫を求めての彫も。


午前中はかぼちゃでした。 暑いさなかの作業はさすがにきつい!


大町の吉川さんからメール。 25,26日に竹内さん、一八さんも交えて、飲むことに。 もちろんその前に比登志さんのお見舞いと、できれば温泉も。

飲み会の場所は、また一八さんの工房になるかな。あと、松尾さんのイベントもあったな。

吉川さんからの暑中見舞いのメールには大町小町?の写真も添付されていました。暑いときは美人の写真を見るにかぎる?!
 
No.4641 2018/08/02(木) 17:43:48
岡本流生  
Re*2:恵みの雨 返信
今日は昨日より暑く明日は今日よりも暑い予報。涼しい避暑地と思われている信州にいることを忘れそう!

今日の学童は水鉄砲合戦。子供7人対私一人。 終わるころにはシャツもジーンズもぐしょぐしょ。 涼しくていいのですが・・・

午後は彫り。 暑さで意識もうろうとなるかと不安でしたが、彫っている最中は意外と集中できました。

仕事中は上半身裸。 これ以上暑くなったらいよいよパンツ一丁か?

そしてさらに暑くなったら・・・どうする??

 
No.4642 2018/08/03(金) 17:53:21
岡本流生  
Re*3:恵みの雨 返信
何処かへ避暑に行きたい気分です。

毎日「暑さになんか負けるな」と自分を励ましながらの仕事もこれだけ暑い日が続くと、もう負けそう。

頭には≪冷たさ長持ち≫というケミカルタオルを巻いて、裸の上半身には水で濡らしたタオルを肩のかけての仕事です。

階下は二階の仕事場よりいつも3度ほど低いのですが、光の加減がやはり二階ほどよくはないので、結局は暑い二階での作業になります。

 
No.4643 2018/08/06(月) 16:55:33
岡本流生  
Re*4:恵みの雨 返信
今日もまた冷やしたケミカルタオルを頭に巻き、裸の肩にもこれまた冷水に漬けて絞っタオル。 気を失いそうな暑さ!!

新作の主版(デザインの輪郭線の版)を彫り終え、少しでも涼しいうちにと試しの刷りをしました。

次の作業に必要なマイラー、トレーシングペーパー各一枚と和紙と洋紙合わせて5枚。

明日からこの試し刷りに色鉛筆やパステルで色を入れ色版に分けるための原稿描き。

いつも作業をしながら、とりとめもないことを考えます。例えば今日は小学生時代の夏のこと。 「夏休みと言えば、友達も皆白のラニングシャツだったなぁ」 「でも、なんでどの子もだぶだぶのを着ていたんだろう」 まあ、こんなこと。
 
No.4644 2018/08/06(月) 17:05:50
岡本流生  
Re*5:恵みの雨 返信
もう一つ、 やはりこれも小学生のころの話。 学校にはまだプールが無く、夏休みは自転車で離れた民営のプールへ。

金魚や鯉の養魚場が夏場だけコンクリの池の一つをプールにしていたような? 今だったら考えられないような話。 帰りに友達と食べるおでんの美味しかったこと。一つ5円のこんにゃくにたっぷりとからしをつけて。


[前の5件] [Reload] [次の5件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング