閉じる

URL:
      だいめい
      おなまえ
      めーる
      ほーむぺーじ
      ぽーむぺーじのurl 
  ブラウザに情報を記録する
     

この画面で書き込みを行うと、以下の書き込みの返信になります。
[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.4188 2017/08/26(土) 16:24:19
岡本流生  
Re:準備は着々と 返信
試刷り、そして順序摺りを通して見えてきたこと。

1、今回は糊を使わずにやる。糊なしでもきれいに刷れるので。

2、馬簾は力の弱い小さな子でも摺れるように、伝統的な本馬簾ではなくローラー馬簾(名摺師 小松平八氏考案)とコロコロ馬簾(版画家河内成幸氏がローラー馬簾を改良したもの)を使用する。
これらの馬簾は比較的弱い力でも摺れるので。

3、色版で凸部の部品が小さい物は摺っている最中にどうしても紙がずれ易いので、摺師の沼辺さんから教わった両面テープを使うやり方で摺る。

4、少し手間ですが、やはり一色摺り終わったらすぐに「床」(湿した新聞紙を重ねたもの)に挟むようにする。

5、使うブラシや手刷毛、筆に使う色の印をつけておく。 間違って使うと色が濁るので。

こんなところかな。



[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング