閉じる

URL:
      だいめい
      おなまえ
      めーる
      ほーむぺーじ
      ぽーむぺーじのurl 
  ブラウザに情報を記録する
     

この画面で書き込みを行うと、以下の書き込みの返信になります。
[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.4193 (修正済) 2017/08/28(月) 17:40:47
岡本流生  
後援&講演 返信
今日は清内路での「吉田遠志木版画展」に後援頂いたところへ出来上がったポスターをお届けに行ってきました。 阿智村、阿智村教育委員会、信濃毎日新聞社、南信州新聞社、そして中日新聞社。

≪後援≫とは言っても、これは所謂≪名義後援≫で、具体的に何かをして頂くと言うものではありません。

恩師の展覧会でもあり、≪箔をつける≫と言う気持ちもあるのですが、本心はそれよりも≪実利≫を期待してのことです。

村の後援を受けていれば、村内放送で紹介される可能性があります。教育委員会の場合は、村内の小中学生が授業の一環として見に来ることも期待できます。

実際、昨年の「吉田博展」の時は、清内路小学校の子供たちが先生の引率のもと来てくれました。

新聞社の場合は、もちろん記事として掲載されることを期待しています。特に事前の紹介記事、会期中でも早い時期の記事はお客様を呼び込むことにつながりありがたいものです。

今回は「南信州新聞」さんがすでに二回、事前の紹介記事を載せてくださりました。 もう一回も予定されています!!

さてもう一つの講演のほうは。 9月三日に図書館でやる松居友さん、吉田比登志さんの講演のこと。遠志先生の絵本が出来上がるまでのお話や野生の動物に寄せる思いをお二人にお話していただきます。

その司会を任されたのですが、お二人も前日は我が家泊の予定なので、その時に飲みながらでも≪講演≫の大体の流れを決めておきたいと思います。

案内状をお出しした方何人かから「三日に行くから」とお返事もいただいています。 幾分緊張感もありますが、お二人とも親しい方なので、まあ普段通りの感じで自然にやれるでしょう・・・・と・・・思います・・・・


 
No.4194 2017/08/28(月) 18:10:26
岡本流生  
Re:後援&講演 返信
吉田版画アカデミーの主催者で比登志さんの弟にあたる吉田司さんにも両展覧会のチラシ、あいさつ文、そしてポスターをお送りしました。

奥様の清子さんからメールを頂きました。 「博」のことはよく紹介されるけど、遠志は紹介されることが少なく、今回の展覧会は嬉しいことです」と言っていただきました。 

話は変わって、野生動物。 今日飯田に出るときに、赤ちゃんを背負った母猿が車の前を横切り、ヒヤッとさせられました。 道の反対側のガードレールの上にはボス猿らしいのが周囲に注意を払うかのようにでんと座っているのが見えました。

そしてまさに今、村内放送で「熊の目撃情報」が。
 
No.4195 2017/08/29(火) 17:04:38
岡本流生  
Re*2:後援&講演 返信
今朝は日本中びっくりのお騒がせな朝でしたね。警報のすぐあと、二階から集落を見まわしたのですが・・・外に飛び出す人影もなく、普段と同じ長閑さでした。

今日は二階の掃除をしました。もうお分かりの方もいるかな?そう、お客様がみえるので。 ここのところのトリケラ君の彫や摺りでいろいろな道具も出しっぱなし。それらを片づけ、木屑も掃除。

明日からほぼひと月、比登志さんの居場所になる二階の6畳間も丁寧に掃除機をかけ、額の空箱などもまとめて納戸へ。

二日の土曜日には松居友さんもご家族で我が家泊。友さんリンさん、そしてお嬢さんお二人。いつもの客間に何とか泊っていただけるでしょう。息子家族5人が泊ることもできたので。

問題は食事。兄がいれば美味しい料理でもてなすこともできるのですが・・・・

ここで電話が。

 
No.4196 2017/08/29(火) 17:21:55
岡本流生  
Re*3:後援&講演 返信
電話は摺師の沼さんから。今、摺りをお願いしているピエロの新作「もう誰も愛さない」の、髪の毛と腕の色についての問い合わせ。

この作品は「Love me」と対になるようにと考えて去年描いたもの。Love me」が1983年の作品ですから、34年たっていることになります。

タイトルがそのまま私自身のその間の心の変化を表しているようです。


さて、話を友さんに戻すと・・・電話口の友さんの会話は「いいですよ、飯田で材料を買い出して、私たちがフィリピンの料理を作りますよ」 「みんなで食べましょう、美味しいですよ」と。 これは思いがけない展開。 うん、楽しみ。
 
No.4197 2017/08/30(水) 15:27:39
岡本流生  
Re*4:後援&講演 返信
比登志さんが無事お着きになり、その後偶然ファンクラブ会長ご夫妻も。 飯田の展覧会にもみえてくれるそうです。 講演会、これは賑やかになりそうな予感!

今日はこれからY君の塾。その後はお風呂、そして…歓迎の酒盛り!
 
No.4198 2017/08/31(木) 07:56:36
岡本流生  
Re*5:後援&講演 返信
飯田市立上郷図書館での吉田遠志「動物絵本シリーズ」原画展、阿智村清内路での「吉田遠志木版画展」の開催もまじかに迫りました。

地域誌の南信州新聞さんが、連載を含め計4本の事前の紹介記事を書いてくださったお陰もあり反響も上々のように思えます。

今日付けの飯田、下伊那地域の週刊イベント情報誌「中日ホームニュース」 「週間飯田」にも取り上げられていました。 実行委員長の惠子さんの手際の良い仕事ぶりのおかげと感謝。

今日は午前中に比登志さんの飯田近辺の知人のところをまわります。


[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング