閉じる

URL:
      だいめい
      おなまえ
      めーる
      ほーむぺーじ
      ぽーむぺーじのurl 
  ブラウザに情報を記録する
     

この画面で書き込みを行うと、以下の書き込みの返信になります。
[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

No.4246 2017/10/10(火) 17:28:17
岡本流生  
心静かな日々 返信
心地よい秋晴れ。やるべき地域の仕事や集まりもなく、ゆったりと心静かに版に向かう日々です。

彫りながら考えていたのは、版画の常設の展示場のこと。広めの古民家の空き家を住まい兼仕事場にし、二階に版画の展示場を持てたらいいなと。


夢ではあるのですが、いつまでも元気に制作を続けられるわけではなし、自分ではあと10年、ひょっとしたら20年は生きられる?と漠然と思ってはいても、いつまでの命かは誰にもわからないし。

やりたいと思うなら実現に向けて少しは動き出さないととも考えてみるのですが、資金がいるだけではなく、そうなると、ここ清内路に骨を埋める決意が必要だし・・・


それでも頭の中で、こんな展示室にしたいなとか、考えまくった一日でした。


開け放った窓から、風に乗り小学校の校庭での「子供太鼓」の音が聞こえてきます。 花火の日に境内で披露するための練習。もう3週間ほどになります。


上清内路の花火は雨のなかでした。「子供太鼓」の演技は中止に。このままだと下清内路の花火も雨の中になりそう。これだけ一生懸命練習している子供たちのためにも、当日14日はせめて曇りぐらいであってほしいなぁ。


 
No.4247 2017/10/11(水) 17:21:35
岡本流生  
Re:心静かな日々 返信
今日も気持ちの良い秋晴れ。彫りの仕事も周りの山を眺めながら楽しくできました。今の版、彫り始めて1週間になりますが、やっと半分ぐらい終わった感じ。


かぼちゃの大将が「うえんてらのなめこ、出てるぞ」とわざわざ知らせに来てくださいました。私の畑仕事の師で飲み友達でもあったK老人のほだ場。

冬の間だけ山を下りて娘さんのところで過ごすと言って町へ出てもう二年。90ですから戻られることはないのかもしれません。 「ほだ場のきのこ、椎茸となめこの駒打ちしておいたから、出たら食べて」と言われていました。

早速行ってみると、出てるわ出てるは、大小取り混ぜて2キロほどの収穫。 まだまだ小さいのがびっしりとあったので、一雨きたらまた収穫できそうです。
 
No.4248 2017/10/11(水) 17:32:01
岡本流生  
Re*2:心静かな日々 返信
K老人のお嬢さんに、なめこのお礼の電話を入れました。その時に「もしこの清内路のご自宅を貸すような話になったら、是非私にもお知らせください、版画の展示場を探しているので」とお伝えしておきました。


広さは今の住いの1.5倍はあります。倉もあり別棟には憧れの囲炉裏も。そして何より二階が広いのです。(まだ中を見たことはないのですが)。 養蚕をしていた時代の名残で、おそらく間仕切りの無い板の間ではと想像しています。


場所もすぐ目の前、車も二台は停められます。組も同じでお借りできれば申し分ないのですが。 そうそう、トイレもお風呂場も新しく、水道も凍らないようになっているのもいいなと。


とにかく、夢に向けて一歩ふみだしました。

 
No.4249 2017/10/11(水) 17:43:29
岡本流生  
Re*3:心静かな日々 返信
この書き込みの最中に、一瞬燃えるように夕空一面に広がった夕焼け。あっと言う間に空は鼠色がかった藍色へ。束の間の「薔薇色の雲の競演」でした。

そう言えば、先ほどは谷に白いものが舞いました。「雪虫?」
「それにしては早いなぁ」と思ってよく見ると、西日に翅をキラキラ輝かせた赤とんぼの群れ。


この間までまだ麦わら色だった体も、今は赤トウガラシかと思う色に。赤とんぼ、ドングリ、栗の実、そして山のキノコと鰯雲! 秋ですねぇ。

山里の春夏秋冬は一つ一つが屹立しています。そしてその進行に合わせたかのようないくつもの地域の年中行事。山里には山里の暮らしがあります。それは「豊かな暮らし」と呼んでも良いような、素敵な生き方。
 
No.4250 2017/10/11(水) 17:54:23
岡本流生  
Re*4:心静かな日々 返信
組のTさんが昨日亡くなりました。クモ膜下出血で倒れて一週間。意識も戻らないまま行ってしまいました。60歳。まだまだ働き盛りの年です。

Tさんにはこちらに来て以来本当にいろいろお世話になったのでした。友人で、自然園の副支配人だった人が、未払いの給料を抱えたまま辞めさせられることになった時も、Tさんに中に入っていただき、経営者と交渉したりもしました。


葬儀は通夜、仮葬儀と明日、明後日で済ませた後、本葬儀は二十日。これは地域の主だった方が皆奉納花火の神事や花火自体に関わっていて、葬儀に集まることが難しいからだと聞きました。

Tさんのご冥福をお祈りいたします。
 
No.4251 2017/10/12(木) 17:31:39
岡本流生  
Re*5:心静かな日々 返信
今日の仕事は終わりに。長時間彫刻刀を握っていたため、右手の指がこわばった感じです。

明日は早朝6時から花火の櫓建て。地域総出で諏訪神社、建神社の境内に三つの囲いやぐらを組み立てるのです。

天気予報は明日の朝は小雨。


[最初のページに戻る]
[前の10件] [Reload] [次の10件]

管理メニュー
無料掲示板 スプラインBBS 検索&掲示板 検索サイト構築 WEB RANKING
人気サイトランキング